レメロンの眠気 -他剤との比較-

レメロンの眠気は、他の抗うつ剤と比べてどのくらいの程度なのでしょうか?
各抗うつ剤の眠気の強さを比較してみましょう。

抗うつ剤の中で、眠気が強力なのものは「鎮静系抗うつ剤」と呼ばれています。

鎮静系抗うつ剤の代表格がレメロンとリフレックスといった
Nassa(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)です。

他にもテトラミドやルジオミールといった四環系抗うつ剤、デジレルなども鎮静系に分類されます。

?

鎮静系抗うつ剤は、眠気が強く出るのがメリットでもありデメリットでもあります。

眠気が強すぎると集中力が落ちたり、だるさが抜けなかったりと困ることもありますが、
夜の眠りを深くしてくれるため、不眠の方には役立つ作用にもなりえます。

?

パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ、ルボックス/デプロメールなどのSSRIも
眠気を起こしますが、比較的軽度な事が多いです。
SSRIの中でもジェイゾロフトやレクサプロは眠気が一層軽い印象があります。

?

サインバルタやトレドミンといったSNRIも眠気は少ない傾向があります。
SSRIよりも更に少ないというイメージでしょうか。

SNRIはセロトニンだけでなくノルアドレナリンにも作用します。
ノルアドレナリンは意欲や活気を上げる「覚醒系」の物質であるため、 眠気が起きにくいのでしょう。

三環系抗うつ剤(トフラニール、トリプタノール、ノリトレン、アナフラニール、アモキサン)は
眠気を比較的起こします。
その程度は、鎮静系と比べると軽度ですがSSRI/SNRIよりは強いというところでしょう。

三環系は昔の抗うつ剤で、SSRIやSNRIと比べると作りも荒いため、副作用が全体的に多いのです。

?

ドグマチールは眠気の程度がかなり軽い抗うつ剤です。
ドグマチールには抗ヒスタミン作用やα1受容体遮断作用がほとんどないと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください