レメロンの眠気はなぜ起こる?

抗うつ剤は眠気を起こすものが多いですが、レメロンは特に眠気の強いおくすりとして知られています。

眠気が生じるのは、抗うつ剤がヒスタミン受容体を遮断するためです。これを抗ヒスタミン作用と呼びます。

レメロンは抗ヒスタミン作用が強いおくすりであり、 眠気が生じるケースは少なくありません。

前述のとおり、抗うつ剤が眠気を引き起こすのは抗ヒスタミン作用が原因です。

抗うつ剤は「ヒスタミン受容体」と呼ばれる受容体をブロックしてしまう働きがあるのです。
ヒスタミンは覚醒に関係しているため、ブロックしてしまうと眠くなるという仕組みです。

レメロンは抗うつ剤の中でも特に抗ヒスタミン作用が強いおくすりとして知られています。

?

花粉症やアレルギー疾患で使われるお薬に「抗ヒスタミン薬」と呼ばれるものがあります。
商品名で言うと、アレグラ、アレロック、タリオン、アレジオン、ザイザルなどですね。

「花粉症の薬を飲むと眠くなる」ということは世間に広く知られていますが、
これもヒスタミン受容体が遮断されるために起こる現象です。

そう、実はレメロンの眠気と同じ仕組みで起こっているのです。

?

更に抗うつ剤は、抗ヒスタミン作用以外にもα1受容体遮断作用、5HT2遮断作用などもあり、
これも眠気の原因になります。

αとはアドレナリンのことで、アドレナリン1受容体が遮断されると
血圧が低下し、ふらついたり、ボーッとしたりします。
(α1受容体遮断薬は降圧剤として使われています。エブランチル、カルデナリンなど)

5HTとはセロトニンのことで、セロトニン受容体のうち、5HT2という受容体を遮断すると
神経興奮が抑制されます。これは気持ちが落ち着くという良い作用にもなりますが、
興奮が抑制されれば、リラックスして眠くなってしまいます。

?

このような理由でレメロンを飲むと眠くなるのです。
多くが抗ヒスタミン作用によるものですが、
α1受容体遮断作用、5HT2遮断作用も一因となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください