レメロンの副作用と他剤との比較

副作用のないお薬はありません。どんなお薬でも副作用はあり、
添付文書の副作用一覧には数え切れないほどの副作用が羅列されています。

レメロンも、例外ではありません。

しかし、レメロンに起こりうる副作用を全て羅列することは、ここではしません。
そういった情報を希望される方はレメロンの添付文書をご覧ください。
(「レメロン 添付文書」で検索すればすぐに見つかります)

?

ここでは、レメロンというお薬のイメージをつかんでもらうため、
実際に現場でレメロンを使っていて多く見かける副作用や、他の抗うつ剤と比べてどうなのか
といったことをお話します。

?

レメロンの副作用で代表的なものは次の二つです。

体重増加
眠気

これは、レメロンがヒスタミン受容体を遮断するために起こる副作用です。
「抗ヒスタミン作用」と呼ばれ、レメロンは抗ヒスタミン作用が強いおくすりなのです。

抗ヒスタミン作用の強いお薬として有名なものと言えば花粉症のお薬があります。
(アレグラ、アレロック、ザイザル、タリオン、エバステルなど)

花粉症のお薬も飲むと眠くなりますよね。
これらのお薬は「抗ヒスタミン薬」と呼ばれ、レメロンと同じく強い抗ヒスタミン作用を
持っているため、眠くなるのです。

?

また、抗ヒスタミン作用には体重を増やす作用もあります。
抗ヒスタミン薬のうち、ぺリアクチンやピレチアといったお薬は食欲亢進や体重増加を起こします。
これもレメロンと同じ抗ヒスタミン作用によるものなのです。

?

このようにレメロンには強い「抗ヒスタミン作用」があるため、
この抗ヒスタミン作用で内服を中断してしまう方もいらっしゃいます。

?

反面、レメロンは他の抗うつ剤で困ることの多い副作用があまり出ない、という良い面もあります。

具体的に言うと、SSRIや三環系などで認められる

抗コリン作用(口渇、便秘、尿閉など)
性機能障害(勃起障害、射精障害)
胃腸障害(吐き気、胃部不快感)
不眠

などはレメロンにはほとんどありません。

?

胃腸障害は、抗うつ剤が胃腸にあるセロトニン3受容体を刺激するために起こると考えられていますが、
レメロンは、セロトニン3受容体を反対に遮断する働きがあるのです。

という事は、レメロンは胃腸障害を起こさないというだけでなく、
SSRI/SNRIとレメロンを併用すれば、抗うつ剤のセロトニン受容体刺激作用を
レメロンが打ち消してくれるため、胃腸障害の頻度を減らせるということにもなります。

実際にこういった使い方をする先生もいらっしゃいます。

?

また、性機能障害は、セロトニン2受容体の刺激やα1受容体の遮断で起こりますが、
レメロンはセロトニン2受容体を遮断する働きがあり、α1受容体には作用しません。

これも胃腸障害と同じく、レメロンを併用することで、
他の抗うつ剤の性機能障害の副作用を軽減できる可能性があります。

?

レメロンは、「他の抗うつ剤の副作用を打ち消してくれる」可能性があり、実がこれは
このお薬の利点でもあります。
この作用をうまく使うのが、医者の腕の見せ所といったところでしょう。

?

?

レメロンの副作用の特徴は、

抗ヒスタミン作用が強いため、眠気や体重増加の程度が強い
その代わり、他の副作用は少ない

というところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください