ルボックスの副作用 眠気(抗ヒスタミン作用)不眠(セロトニン2刺激作用)

眠気はほとんどの抗うつ剤に起こりうる副作用です。
抗うつ剤は身体をリラックスさせますから、当然と言えば当然かもしれません。

中でも、「鎮静系抗うつ剤」と呼ばれるものは眠気が特に強く出ます。
Nassaや四環系、デジレルなどですね。
鎮静系抗うつ剤は眠気の強さを逆手にとって、睡眠薬として利用されることもあるほどです。

ルボックスはというと、眠気はまずまず起こします。
SSRIの中では、パキシルとルボックス/デプロメールは他のSSRIよりもやや多いようです。

対処法としては、

眠気の少ない抗うつ剤(ジェイゾロフト、サインバルタ等)に変更する
抗うつ剤の量を減らす
睡眠環境を見直す

などがあります。

SSRIやSNRIは深部睡眠(深い眠り)を障害するため、不眠となる事があります。
ルボックスも例外ではなく、深部睡眠が障害される可能性があります。

SSRIには「眠気」と「不眠」両方の副作用があるので、
不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。

これは「眠くなるけど、浅い眠りになってしまう」ということで、飲酒時の状態をイメージすると
分かりやすいと思います。

飲酒すると眠くなりますよね。でもお酒を飲みすぎた時って眠りは浅くなり、
夢をみたり早朝に起きてしまったりしやすくなります。
状態としては、これに似たようなイメージです。

この副作用はセロトニンに選択的に作用するSSRIやSNRIで多く認められ、
次いで三環系にも時々認められます。

反対に、四環系やデジレル、Nassaなどの鎮静系坑うつ剤は、
深部睡眠を促進するため、眠くはなるけど深い眠りを導いてくれます。
そのため、不眠はほぼ認めません。

不眠で困る場合は、服薬を朝食後などに変えると改善することがあります。

薬の量を減らせそうなら、減らすのも手です。

それでも改善が得られない場合は、鎮静系抗うつ剤に変えたり、
少量の鎮静系抗うつ剤を上乗せすると改善することもあります。

鎮静系抗うつ剤は、深部睡眠を促進するため、ルボックスの不眠の副作用を
打ち消してくれる可能性があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください