「ルボックス」カテゴリーアーカイブ

ルボックス 他抗うつ剤との吐き気の比較 吐き気の対処法

吐き気は、SSRI/SNRIで多く見られます。
SSRIやSNRIはセロトニンを選択的に増やす薬だからです。

SSRI:ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロなど
SNRI:サインバルタ、トレドミンなど

頻度としては軽いものも含めれば30-40%くらいと言われています。
少なくはない頻度ですので、「吐き気は起こるだろう」くらいに考えておいた方が無難かもしれませんね。

中でもルボックスはSSRI/SNRIの中で一番古い薬であり、吐き気の頻度は他のSSRI/SNRIより
一段階多くなっていますので、より注意が必要です。
続きを読む ルボックス 他抗うつ剤との吐き気の比較 吐き気の対処法

ルボックスで吐き気が起きる理由

ルボックスを飲むと、吐き気が生じることがあります。

これはSSRIやSNRIに多い副作用で、中でもルボックスは、一番古いSSRIであるため、吐き気の副作用はとりわけ多いのです。
ちなみに吐き気は、内服初期(=飲み始め)に多いことが知られています。

なぜ、ルボックスを飲むと吐き気が生じるのでしょうか。また、吐き気への良い対処法はあるのでしょうか?
続きを読む ルボックスで吐き気が起きる理由

ルボックスの副作用 体重増加(抗ヒスタミン作用)吐き気(セロトニン3刺激作用)

体重増加は眠気と同じく、主に抗ヒスタミン作用で生じるため、
眠気の多いお薬は体重も増えやすいと言えます。

Nassaに多く、三環系やパキシルもそれに続きます。
続きを読む ルボックスの副作用 体重増加(抗ヒスタミン作用)吐き気(セロトニン3刺激作用)

ルボックスの副作用 性機能障害(セロトニン2A刺激作用、α1受容体遮断作用)

勃起障害や射精障害と言った性機能障害もSSRI、SNRIに多い副作用です。
この原因は詳しくは分かっていませんが、セロトニンが関与していると言われています。
また、α(アドレナリン)1受容体をブロックすることも関係していると考えられています。
続きを読む ルボックスの副作用 性機能障害(セロトニン2A刺激作用、α1受容体遮断作用)

ルボックスの副作用 眠気(抗ヒスタミン作用)不眠(セロトニン2刺激作用)

眠気はほとんどの抗うつ剤に起こりうる副作用です。
抗うつ剤は身体をリラックスさせますから、当然と言えば当然かもしれません。

中でも、「鎮静系抗うつ剤」と呼ばれるものは眠気が特に強く出ます。
Nassaや四環系、デジレルなどですね。
鎮静系抗うつ剤は眠気の強さを逆手にとって、睡眠薬として利用されることもあるほどです。
続きを読む ルボックスの副作用 眠気(抗ヒスタミン作用)不眠(セロトニン2刺激作用)

ルボックスの副作用 ふらつきやめまい(α1受容体遮断作用など)

これは主に、抗うつ剤がα(アドレナリン)1受容体という部位を遮断し、
血圧を下げてしまうために起こる副作用です。

これも三環系、そして四環系で多く、SSRIでは大分軽減されています。
続きを読む ルボックスの副作用 ふらつきやめまい(α1受容体遮断作用など)

ルボックスで見られる副作用

ルボックスは、1999年より発売されたSSRIというタイプの抗うつ剤です。

世界で初めてのSSRIであり、発売時は大きな注目と期待を浴びました。

その後に次々と発売された新しいSSRIと比べると副作用がやや多いところはありますが、現在でもまだ処方される抗うつ剤です。
続きを読む ルボックスで見られる副作用

ルボックスの減薬・断薬の注意点

ルボックスを減薬・断薬するときには慎重に行わないとといけません。

大前提として、自分の判断での勝手な減薬や中止は絶対にしてはいけません。
ルボックスの離脱症状が出てしまうのは大半が自己減薬・自己中断です。
必ず主治医と相談して、指示に従った減薬をしてください。
続きを読む ルボックスの減薬・断薬の注意点

ルボックスの減薬や断薬で起こる離脱症状について

抗うつ剤の減薬や断薬は注意が必要です。特にSSRIなどの抗うつ剤は、無理な減薬をすると「離脱症状」を起こしやすくなります。

医師に相談せず、自分で勝手に減らしてしまい、離脱症状で苦しむケースは後を絶ちません。

どんなくすりも、自分の判断で勝手に減らしたり止めたりしてはいけません。必ず主治医と相談し、専門家の判断に従うことが大切です。
続きを読む ルボックスの減薬や断薬で起こる離脱症状について

ルボックス どうしても飲酒したくなったら

抗うつ剤とお酒を一緒に飲んではいけないことは分かった。
でも、どうしても我慢できない・・・
あるいは、どうしてもお酒を断れない接待がある・・・

こんな場合、どう対処したらいいでしょうか?
続きを読む ルボックス どうしても飲酒したくなったら

ルボックスと酒を実際に併用したらどうなる?

抗うつ剤とお酒を併用することのデメリットは大きく、
医師が「抗うつ剤を飲んでいる間はお酒を飲まないように!」と患者に指導します。

しかし困ったことに、こっそり飲んでしまう人は少なくないのが現状です。
続きを読む ルボックスと酒を実際に併用したらどうなる?