「うつ」タグアーカイブ

ソラナックス抗不安薬の離脱症状とは? 

ソラナックスは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されるおくすりで、不安感を改善するはたらきがあります。

抗不安薬の中では、効果もほどよくあり副作用も多くはないバランスの取れたおくすりです。

しかし、ソラナックスなどの「ベンゾジアゼピン系」には注意すべき副作用があります。それは「離脱症状」と呼ばれるものです。

長期間、大量にソラナックスの内服を続けていると、次第に身体がソラナックスに依存してしまい、やめることが出来なくなってしまいます。

この状態で無理に断薬すると気分が悪くなったり、イライラしたり、頭痛や震え、発汗が出現したりと様々な症状が起こることもあり、これらは離脱症状と呼ばれます。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬はすべて、依存形成を起こす可能性を持っています。

ソラナックスは依存性がとりわけ高い抗不安薬というわけではありません。

しかしバランスの取れた抗不安薬であるため、医師としても処方しやすく、
また患者さんにとっても使いやすいおくすりであるため、安易に処方・使用されてきまい、
結果的に依存になってしまう方がいるのが現状です。

 

依存というのは、身体がおくすりに慣れきってしまうことで、
おくすりが入ってこないと途端に不調を感じて、いても立ってもいられなくなってしまうことです。
この状態になってしまうと、常におくすりを手放せなくなってしまいます。

依存形成された状態で無理にやめたり減らしたりすると、

  • 落ち着きのなさ、イライラ、緊張
  • 頭痛、肩こり
  • 吐き気、悪心、動悸、震え、発汗

などの様々な症状が現れます。

これを「離脱症状」と言います。

 

依存や離脱症状は、抗不安薬を飲むと必ず起こしてしまうわけではありません。
必要な期間のみ、必要な量のみの内服であれば起こさないことの方が多いです。

しかし、長期間・大量に服薬を続けていると起きってしまいやすく、
抗不安薬の服薬は医師と相談しながら、決められた量の内服にとどめることが大切です。

ソラナックスの各副作用と対処法

では、それぞれの副作用やその対処法をひとつずつ詳しくみていきましょう。

 

Ⅰ.耐性・依存性形成

多くの抗不安薬に言える事ですが、長期的に見ると「耐性」「依存性」は一番の問題です。

ベンゾジアゼピン系は、長期間や大量の服薬を続けたり、主治医の指示を守らないような無茶な使い方を続けると耐性・依存性を起こす可能性が高くなります。

耐性というのは、身体が徐々に薬に慣れてしまう事です。最初は1錠飲めば十分効いていたのに、だんだんと心身がお薬に慣れてきてしまい、次第に1錠では全然効かなくなってしまい、2錠、3錠・・・、と服薬量がどんどんと増えてしまうことになります。

依存性というのは、その物質なしではいられなくなってしまう状態をいいます。

耐性も依存性もアルコールで考えると分かりやすいかもしれません。

アルコールにも強い耐性と依存性があります。

アルコールを常用していると、次第に最初に飲んでいた程度の量では酔えなくなるため、次第に飲酒量が増えていきます。これは耐性が形成されているという事です。

また過度の飲酒量を続けていると、次第に常にお酒を手放せなくなり、常にアルコールを求めるようになります、これは依存性が形成されているという事です。

抗不安薬には耐性と依存性がありますが、アルコールと比べて特段強くというわけではなく、医師の指示通りに内服していれば問題になる事は多くはありません。お酒だって節度を持った摂取であれば、耐性・依存性が問題となることはありませんよね。それと同じです。

耐性・依存を形成しないためには、まず「必ず医師の指示通りに服用する」ことが鉄則です。アルコールも抗不安薬も、量が多ければ多いほど耐性・依存性が早く形成される事が分かっています。

医師は、耐性・依存性を起こさないような量を考えながら処方しています。それを勝手に倍の量飲んだりしてしまうと、急速に耐性・依存性が形成されてしまいます。

またソラナックスをアルコールと併用することも危険です。

アルコールと抗不安薬を一緒に使うと、お互いの血中濃度を高め合ってしまうようで、耐性・依存性の急速形成の原因になると言われています。

また、「漫然と飲み続けない」ことも大切です。

基本的に抗不安薬というのは、「一時的なお薬」です。ずっと飲み続けるものではなく、不安の原因が解消されるまでの「一時的な」ものだという認識は忘れないようにしないといけません。長期的に不安を取りたい場合は、抗不安薬ではなくSSRIなどが用いられます。

定期的に「量を減らせないか」と検討する必要があり、本当はもう必要ない状態なのに漫然と長期間内服を続けてはいけません。

服薬期間が長期化すればするほど、耐性・依存形成のリスクが上がります。

 

Ⅱ.眠気、倦怠感、ふらつき

ベンゾジアゼピン系は、催眠作用、筋弛緩作用があるため、これが強く出すぎると、眠気やだるさを感じます。またふらつきが出てしまうケースもあります。

ソラナックスにも筋弛緩作用や催眠作用があります。一般的に筋弛緩作用は弱めであることが多いのですが、眠気は人によっては強く出てしまうこともあります。

もしこれらの症状が起こってしまったら、どうすればいいでしょうか。

もし内服して間もないのであれば、「様子をみてみる」のも手です。というのも、お薬は「慣れてくる」ことがあるからです。

様子を見れる程度の眠気やだるさなのであれば、1~2週間様子をみて下さい。徐々に自然と副作用が改善してきた、という例は少なくありません。

それでも眠気が改善しないという場合、次の対処法は「服薬量を減らすこと」です。

一般的に量を減らせば作用も副作用も弱まります。抗不安作用も弱まってしまうというデメリットはありますが、副作用がつらすぎる場合は仕方ありません。

例えば、ソラナックスを1日合計1.2mg内服していて眠気がつらいのであれば、1日量を0.8mgなどに減らしてみましょう。

また、「お薬の種類を変える」という方法もあります。より筋弛緩作用や催眠作用が少ない抗不安薬に変更すると、改善を得られる可能性があります。

ただしどの抗不安薬にも多少なりとも筋弛緩作用や催眠作用があります。余計悪化してしまう可能性もありますので、どの抗不安薬に変更するかは主治医とよく相談して決めて下さい。

 

Ⅲ.物忘れ(健忘)

ソラナックスに限らず、ベンゾジアゼピン系のお薬は心身をリラックスさせるはたらきがあるため、頭がボーッとしてしまい物忘れが出現することがあります。

実際、ベンゾジアゼピン系を長く使っている高齢者は認知症を発症しやすくなる、という報告もあります(詳しくは「高齢者にベンゾジアゼピン系を長期投与すると認知症になりやすくなる【研究報告】」をご覧ください)。

適度に心身がリラックスし、緊張がほぐれるのは良いことですが、日常生活に支障が出るほどの物忘れが出現している場合は、お薬を減薬あるいは変薬する必要があるでしょう。

ソラナックスの副作用の特徴

ソラナックスは1984年に発売された抗不安薬です。抗不安薬は文字通り、不安感を取るおくすりで、「安定剤」「精神安定剤」とも呼ばれます。

ソラナックスは中等度の抗不安作用を持ち、副作用も多くはありません。しかし、使い勝手が良く処方される頻度が多いため、しばしば依存などの副作用が問題視されます。

バランスの取れた、優れた抗不安薬である事は間違いありませんが、だからこそ、気軽に使いすぎないように注意が必要です。

ソラナックスは、抗不安薬の中では副作用は少ない部類に入ります。しかし処方されることが多いお薬であるため、しばしば副作用が問題となります。

一番問題に挙げられる副作用には「依存性」があります。

ソラナックスはベンゾジアゼピン系というタイプに属するお薬ですが、ベンゾジアゼピン系はすべて、長期間・大量の服薬を続けていると「耐性形成」「依存形成」が生じてしまう可能性があります。

これはソラナックスだから特に多い、という副作用ではなくベンゾジアゼピン系全てに生じうる副作用です。

耐性とは、心身がお薬に慣れてしまい、徐々にお薬の効きが悪くなってきてしまうことです。耐性が形成されると同じ効果を得るためにはより多くの量が必要となるため、服薬量がどんどんと増えていってしまいます。

依存とは、そのお薬を手放せなくなってしまうことで、そのお薬を飲まないと落ち着かなかったり、イライラしたりするようになってしまう状態です。依存性が形成されてから無理に断薬しようとすると、こころが不安定になったり、ふるえ・発汗・しびれなどの離脱症状が出現してしまうことがあります。

また、ベンゾジアゼピン系は、

  • 抗不安作用(不安を和らげる)
  • 催眠作用(眠くする)
  • 筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)
  • 抗けいれん作用(けいれんを抑える)

という4つのはたらきがあり、ソラナックスにもこれらのはたらきがあります。

それぞれの強さはお薬によって異なり、ソラナックスはと言うと、

  • 抗不安作用は中等度
  • 催眠作用は弱め~中等度
  • 筋弛緩作用は弱め
  • 抗けいれん作用は弱め

このような感じです。

そして、これらの作用に関連した副作用が時に生じます。

具体的には、

  • 催眠作用で眠気が生じる
  • 筋弛緩作用で、ふらつき、転倒が起こりやすくなる

などです。

ソラナックスの作用機序

ソラナックスは「ベンゾジアゼピン系」という種類のお薬になります。ソラナックスに限らず、ほとんどの抗不安薬はベンゾジアゼピン系に属します。ベンゾジアゼピン系はGABA受容体という部位に作用することで、先ほど説明した抗不安作用、催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用を発揮します。

ベンゾジアゼピン系のうち、抗不安作用が特に強いものが「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」になり、ソラナックスもそのひとつです。

ちなみに睡眠薬にもベンゾジアゼピン系がありますが、これはベンゾジアゼピン系のうち、催眠作用が特に強いもののことです。

ベンゾジアゼピン系は、基本的には先に書いた4つの効果が全てあります。

ただ、それぞれの強さはお薬によって違いがあり、抗不安作用は強いけど抗けいれん作用は弱いベンゾジアゼピン系もあれば、抗不安作用は弱いけど催眠作用が強いベンゾジアゼピン系もあります。

ソラナックスは、先ほども書いた通り、

  • 中等度の抗不安作用
  • 弱い筋弛緩作用
  • 弱い~中等度の催眠作用
  • 弱い抗けいれん作用

を持っています。

ソラナックスが向いている人は?

ソラナックスは、「強すぎず弱すぎず」といったバランスの良い抗不安作用を持ちますので、不安、緊張がある方で薬物治療が必要な方の第一選択薬として向いています。

まずはバランスの取れたソラナックスを服薬してみて、それでちょうどよければそのまま、弱すぎればもう一段階強い抗不安薬へ、強すぎればもう一段階弱い抗不安薬へ、このような、初期評価に用いるお薬としても適しています。

また筋弛緩作用が弱いことから、以前、別の抗不安薬を使ったらふらつきが強く出てしまって服薬を中断してしまった方なども試してみる価値があります。

飲んでから血中濃度が最大になるまでは約2時間かかりますが、体感としては内服後20~30分ほどで効果を感じられますので、ある程度即効性にも優れます。そのため不安なイベントや緊張するイベントの前に飲むといった頓服的な使い方もできます。ワンポイントで不安を抑えたい、という方にも向いているでしょう。

ソラナックスを使う疾患は?

添付文書を見るとソラナックスは、

心身症(胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、自律神経失調症)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害

に適応があると書かれています。

心身症とは、身体の異常の主な原因が「こころ」にある病気の群です。例えば食生活が悪くて胃潰瘍になるのは心身症ではありませんが、ストレスで胃潰瘍になるのは心身症になります。同じようにタバコで血圧が上がるのは心身症ではありませんが、ストレスで血圧が上がってしまうのも心身症になります。

臨床では、心身症に限らず、様々な不安感に対して使用することがほとんどです

ストレスで不安感が強くなったり、気分の落ち込みが出てきたり、緊張が取れなくなってしまう場合などですね。

正常な人にでも不安はありますが、そういった「正常範囲内の不安」には用いません。正常範囲内の不安にも効果は示しますが、健常者に使っても副作用などのデメリットの方が大きいからです。

不安感があり、医師が「抗不安薬による治療が必要なレベルである」と判断された場合にソラナックスなどの抗不安薬が使われます。

疾患で言えば、パニック障害や社交不安障害などの不安障害圏、強迫性障害などの疾患に用いることがあります。また、うつ病や統合失調症などで不安が強い場合も補助的に使用されます。

ソラナックスの抗不安作用の強さ

抗不安薬には、たくさんの種類があります。

それぞれ強さや作用時間が異なるため、患者さんの状態によって、どの抗不安薬を処方するかが異なってきます。

ソラナックスは、不安を改善する作用(抗不安作用)は中等度です。

主な抗不安薬の「抗不安作用」の強さを比較すると下図のようになります。

抗不安薬 作用時間(半減期) 抗不安作用
グランダキシン 短い(1時間未満)
リーゼ 短い(約6時間)
デパス 短い(約6時間) +++
ソラナックス/コンスタン 普通(約14時間) ++
ワイパックス 普通(約12時間) +++
レキソタン/セニラン 普通(約20時間) +++
セパゾン 普通(11-21時間) ++
セレナール 長い(約56時間)
バランス/コントール 長い(10-24時間)
セルシン/ホリゾン 長い(約50時間) ++
リボトリール/ランドセン 長い(約27時間) +++
メイラックス 非常に長い(60-200時間) ++
レスタス 非常に長い(約190時間) +++

ソラナックスは特別に不安を取る力が強いお薬だというわけではありません。しかし、ある程度の効果は有しているため、不安を抑えるために十分頼れるお薬です。

ソラナックスの総評

ソラナックス錠は1984年に発売された抗不安薬です。抗不安薬は文字通り、不安感を和らげるお薬で、「安定剤」「精神安定剤」とも呼ばれます。

ソラナックスは抗不安薬の中で、バランスの取れたお薬という位置づけです。抗不安作用もまずまずしっかりあり、即効性もあり、ふらつきなどの副作用も多くはありません。

そのため処方される頻度も多く、実際にアメリカでは一番多く処方されている抗不安薬となっています(2010年度)。

まずはソラナックス錠の総評を紹介します。

【効果】

  • 中等度の抗不安作用
  • 弱い筋弛緩作用
  • 弱い~中等度の催眠作用
  • 弱い抗けいれん作用

ソラナックスをはじめとしたベンゾジアゼピン系と呼ばれるお薬には、不安を取る作用以外にも、筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)、催眠作用(眠くする)、抗けいれん作用(けいれんを抑える)があります。

ソラナックスのそれぞれの効果の強さを表すと上のようになります(個人差があるため、あくまで目安になります)。

ソラナックスは抗不安作用がしっかりある割に筋弛緩作用が軽いので、ふらつきなどを起こしにくくバランスの取れた抗不安薬だという事が出来ます。

 

【良い特徴】

  • 抗不安作用がしっかりある割には、副作用は全体的に軽め
  • 特に筋弛緩作用が軽いため、ふらつきや転倒を起こしにくい

【悪い特徴】

  • 眠気が強く出てしまう人がいる
  • 依存形成はやや多めという報告もある

 

バランス型の抗不安薬であるソラナックスには、大きなデメリットはありません。依存形成はやや多めだと言う専門家もいますが、抗不安薬はどれも依存形成のリスクがあり、私の印象としてはソラナックスが特別に依存性が強い抗不安薬だとは感じません。

人気があるため処方される頻度が多いので、それで結果的に依存になってしまう総数が多いというだけで、依存になる率として他と大差ないのではないかと思われます。

しかし、使い勝手の良さから気軽に頼ってしまいやすい、という可能性は否めません。必要以上に多く服薬してしまうと、副作用などの害が多くなってしまいますので、医師と相談しながら必要な量だけの服薬にとどめるように注意してください。

 

 

 

デパスの効き目はどのような機序で生じるのか

デパスは「ベンゾジアゼピン系」という種類に属するお薬です。デパスに限らず、ほとんどの抗不安薬はベンゾジアゼピン系に属します。

ベンゾジアゼピン系は、神経にあるGABA-A受容体という部位を刺激する事が基本的な作用機序です。

GABA-A受容体は抑制系受容体と呼ばれており、刺激されると脳や神経のはたらきを抑制する方向にはたらきます。つまり心身がリラックスしやすい状態になるという事です。

全体的に神経の活動が穏やかになるため、

  • 抗不安作用
  • 筋弛緩作用
  • 催眠作用
  • 抗けいれん作用

が生じるのです。

ベンゾジアゼピン系のうち、特に抗不安作用が特に強いものは「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」になり、デパスもそのひとつです。

ちなみに睡眠薬にもベンゾジアゼピン系がありますが、これはベンゾジアゼピン系のうち、催眠作用が特に強いもののことです。

ベンゾジアゼピン系は、基本的には先に書いた4つの作用を全て持っています。ただし、それぞれの作用の強さはお薬によって違いがあり、抗不安作用は強いけど、抗けいれん作用は弱いベンゾジアゼピン系もあれば、抗不安作用は弱いけど、催眠作用が強いベンゾジアゼピン系もあります。

デパスは、先ほども書いた通り、

  • 強い抗不安作用
  • 強い筋弛緩作用
  • 中等度の催眠作用
  • 弱い抗けいれん作用

を持っています。

デパスが向いている人は?

デパスの効き目から見て、このお薬はどのような患者さんに向いているお薬だと考えられるでしょうか。

デパスの効き目の特徴は、「効果は強いけども、つい頼ってしまいやすいため依存性などの副作用にも注意が必要」といった位置づけの抗不安薬で、良い効果が望める一方で注意が必要な側面もあります。

効果をしっかり感じられるため使い勝手が良く、つい処方されやすいお薬ですが、こういった特徴を踏まえると、他の抗不安薬で効果が不十分であった際の、第二選択の抗不安薬として適しているのではないかと思われます。

まずは効果も副作用も穏やかな抗不安薬から始めてみて、それでは効きが不十分であった時、多少のリスクを取ってでも症状をよりしっかりと抑えるメリットの方が高い、と判断されるときにデパスを検討する、というのが良いのではないでしょうか。

また筋弛緩作用が強いため肩こりや頭痛に処方される事もありますが、特に高齢者の方や足腰の弱っている方への処方は、慎重に行うべきでしょう。ふらついて転倒してしまうこともありますし、それが原因で骨折などしてしまう可能性もあります。

デパスは、服薬してから血中濃度が最大になるまで約3時間かかると報告されており、決して即効性に優れるお薬ではありません。

「デパスはすぐ効く!」と感じている患者さんもいらっしゃいますが、それはデパスの効果が強いから早く効いているように感じているだけで、血中濃度が最大になるまでの時間で考えれば、もっと即効性のある抗不安薬はあります。

例えば、

・リーゼ(一般名:クロチアゼパム)
・レキソタン(一般名:ブロマゼパム)
・セルシン(一般名:ジアゼパム)

などは、服薬してから血中濃度が最大になるまで約1時間であり、デパスより即効性があります。

またデパスの半減期は約6時間ほどですので、1日を通して効果を持続させたい場合は、1日3回に分けて服薬する必要があります。

細かい調整をしたい場合は1日3回服用するメリットもありますが、そうでない場合で1日を通して効果を持続させたい場合は、より半減期の長い抗不安薬を使うのも方法の1つです。

デパス 他の抗不安薬との効き目の比較

抗不安薬はデパス以外にもたくさんの種類があります。その中でデパスはどのような位置づけになるのでしょうか。

様々な抗不安薬の、

  • 即効性(服用してから血中濃度が最大になるまでにかかる時間)
  • 作用の持続時間(半減期を目安にして推測)
  • 不安を和らげる作用(抗不安作用)の強さ

を比較すると下図のようになります。

抗不安薬 作用時間(半減期) 抗不安作用
グランダキシン 短い(1時間未満)
リーゼ 短い(約6時間)
デパス 短い(約6時間) +++
ソラナックス/コンスタン 普通(約14時間) ++
ワイパックス 普通(約12時間) +++
レキソタン/セニラン 普通(約20時間) +++
セパゾン 普通(11-21時間) ++
セレナール 長い(約56時間)
バランス/コントール 長い(10-24時間)
セルシン/ホリゾン 長い(約50時間) ++
リボトリール/ランドセン 長い(約27時間) +++
メイラックス 非常に長い(60-200時間) ++
レスタス 非常に長い(約190時間) +++

デパスは服用してから効きが最大になるまでには少し時間がかかります。そのため実は即効性を求めるお薬としてはそこまで向いていません。

作用時間は中等度で細かい調整がしやすく使い勝手はよいです。一方でつい何度も服用してしまいやすいため、依存性の形成(クセになってしまう)に注意が必要でもあります。

効き目の良いお薬だと患者さんからの人気も高いお薬なのですが、だからと言って漫然と飲み続けたり、大量に飲んだりすることはよくありません。

デパスの効き目はどのくらいか

デパス(一般名:エチゾラム)は1984年から発売されているお薬で、ベンゾジアゼピン系抗不安薬という種類に属します。抗不安薬は主に不安を和らげる作用を持ち、「安定剤」「精神安定剤」とも呼ばれます。

デパスは抗不安薬の中でも、処方される頻度の多いお薬で、その効能や副作用についてはネット上にもよく書かれています。

効き目が強いために患者さんからの満足度も高く、そのために安易に処方されやすい傾向がある事は否めません。精神科をはじめ内科や整形外科など多くの科で処方され、恐らく日本で一番処方されている抗不安薬なのではないでしょうか。

ただし、効き目や強さが強いという事は、「つい頼ってしまいやすい」「依存しやすい」ということでもあるため、注意も必要です。

効き目の高いお薬だからこそ、その作用をよく理解した上で正しく服用する事が大切なのです。

抗不安薬にはたくさんの種類があります。一概にどのお薬が良い・悪いと言えるものではなく、それぞれ効き方(即効性や作用の持続時間など)が異なるため、患者さんの状態によって、適切なお薬を選択する事が大切です。

ではデパスはどのような効き目を持つお薬なのでしょうか。

デパスに限らずベンゾジアゼピン系抗不安薬というのは、

抗不安作用(不安を和らげる)
筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)
催眠作用(眠りに導く)
抗けいれん作用(けいれんを抑える)

という4つの作用を持ちます。それぞれの強さはお薬によって異なり、デパスはというと、

強い抗不安作用
強い筋弛緩作用
中等度の催眠作用
弱い抗けいれん作用

を有してます。

ここからデパスは強い不安や筋肉の緊張に対して特に効き目を発揮するお薬であると言えます。また睡眠薬には分類されていませんが催眠作用もあるため、患者さんによっては睡眠導入剤として使う方もいらっしゃいます。

次に、デパスは服用してからどのくらいで効き目を発揮して、その効果はどのくらい続くのでしょうか。

お薬がどのくらい体内にとどまるかは個人差もあるため、あくまでも一般的な報告になりますが、デパスは服用してから約3時間でその血中濃度が最大となり、半減期(お薬の血中濃度が半分に下がるまでにかかる時間)は約6時間と報告されています。

体感的には服用してから30分くらいで効き始め、その効果は6~8時間ほど続く印象でしょうか(個人差があります)。

でもデパスを服用してから太ったんですが・・・

薬理学的に見れば、デパスで太る事はありません。

しかし「そうは言っても、デパスを飲み始めてから体重が増えているんです」という訴えを聞く事もあります。それはどう考えればいいのでしょうか。

臨床経験からすると、次のような可能性が考えられます。

?
Ⅰ.精神状態が原因で太った

精神科・心療内科領域ではデパスは、不安が強かったり眠れなくて苦しんでいるような患者さんに処方されます。

このように、デパスを処方される患者さんというのは、精神的に不安定な状態にあることがほとんどです。不安定だからこそ、デパスのようなお薬が処方されるわけです。

このような状況にある方というのは、その精神状態が体重増加の一因になっている事が珍しくありません。

精神エネルギーが低下しており、意欲低下・無気力などが生じていれば活動量が減ります。活発に行動する事はできなくなりますし、横になる時間が多くなるでしょう。

例えば、うつで気力が低下して一日中寝たきり状態であれば、全然動かないためカロリー消費量が少なくなり、皮下脂肪や内臓脂肪などが増えやすくなるでしょう。

またストレスで過食行為が多くなれば、これも太る要因になりえます。

デパスを服用しているだけでなく、このような症状も認めている場合は、安易に「デパスのせいで太った」と決めつけないようしなければいけません。

このような原因で太っている場合、その対処法は当然デパスを減量・中止する事ではありません。生活習慣の改善・精神状態の改善が適正な対処法となります。

?
Ⅱ.他のお薬が原因で太った

デパスを服用している時に、その他の向精神薬(精神の作用するお薬)も服用している事があります。

デパスは原則として太らないお薬ですが、向精神薬の中には体重増加の副作用が生じうるものもあります。

そのようなお薬の服用もしている場合、もしかしたらそちらのお薬が原因なのかもしれません。

例えば体重増加が生じやすい向精神薬には、

抗うつ剤
抗精神病薬

などがあります。

抗うつ剤はうつ病や不安障害の治療に用いられるお薬で、主に神経間のモノアミン(セロトニンやノルアドレナリンなどの物質)を増やす作用があります。

抗うつ剤にも様々な種類がありますが、代表的なお薬のうち体重増加が生じうるものとしては、

トリプタノール(一般名:アミトリプチリン)
トフラニール(一般名:イミプラミン)
アナフラニール(一般名:クロミプラミン)
アモキサン(一般名:アモキサピン)
リフレックス・レメロン(一般名:ミルタザピン)
パキシル(一般名:パロキセチン)
レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)

などが挙げられます。

また抗精神病薬は統合失調症や双極性障害の治療に用いられるお薬で、主に神経間のドーパミンの分泌を抑える作用があります。

こちらも代表的なお薬のうち体重増加が生じうるものとしては、

コントミン(一般名:クロルプロマジン)
セロクエル(一般名:クエチアピン)
ジプレキサ(一般名:オランザピン)
リスパダール(一般名:リスペリドン)
ロナセン(一般名:ブロナンセリン)

などが挙げられます。

このようなお薬を併用している場合、そちらの方が原因である可能性は高いでしょう。

その場合はデパスを減量・中止するのではなく、原因となっているお薬を減量・中止できないかを検討するのが正しい対処法となります。

またここで挙げたお薬以外にも体重増加をきたすお薬はいくつもあるため、自分が服用しているお薬で太る可能性があるものはないか、主治医とよく相談してみる事が大切です。

?
Ⅲ.デパスの脱抑制で過食してしまっている

デパスをはじめとしたベンゾジアゼピン系は、服用によって「脱抑制」という状態が生じる事が稀にあります。

脱抑制というのはベンゾジアゼピン系によって理性が抑えられて本能だけが残ってしまい、本能的に行動してしまう状態です。たいていの場合で衝動的・攻撃的になります。

お酒で悪酔いしてしまっている状態をイメージすると分かりやすいかもしれません。アルコールも理性を抑えてしまう作用がありますので、たくさん飲むと理性が効かずに本能的な行動をしてしまいやすくなりますが、基本的にはそれと同じです。

脱抑制は高用量のベンゾジアゼピン系の投与で生じる事が多く、適正量で生じる事は少ないのですが、脱抑制が生じると衝動的に過食をしてしまう可能性もあります。更に理性が抑えられているため自分でもそれをあまり覚えていない事があり、これによって体重増加が生じる事も考えられないわけではありません。

デパスの脱抑制が原因で太ってしまっている場合は、デパスが強く効きすぎていると考えられるため、デパスの量を適正に再調整する必要があります。

デパスを服用すると太るのか

デパス(一般名:エチゾラム)はベンゾジアゼピン系抗不安薬の一種で、主に不安を和らげたり、筋肉の緊張をほぐす作用があります。

デパスは抗不安薬の中でもキレがあり効果が強いため、よく処方されているお薬の1つです。

正しく使えば患者様の苦痛を緩和してくれるお薬である一方で、不適正な使用をしてしまうと副作用で苦しむ可能性もあります。

副作用の相談の中には、「デパスの服用を始めてから太ってしまった」というものもあります。ではデパスで体重増加は生じるのでしょうか。

まず、デパスは太るお薬なのでしょうか。

結論から言うと、デパスの服用で体重が増えるという事はほぼありません。

デパスの作用機序をみても体重を増やす機序はほとんどありません。

デパスはベンゾジアゼピン系という種類に属します。ベンゾジアゼピン系は、脳の神経に存在するGABA-A受容体という部位に結合して、そのはたらきを増強する作用があります。GABA-A受容体は「抑制系受容体」と呼ばれており、刺激されると脳神経のはたらきを抑えるため、ベンゾジアゼピン系は脳のはたらきをリラックスさせる作用があります。

興奮している脳のはたらきが穏やかになるため、ベンゾジアゼピン系は、

抗不安作用(不安を和らげる)
筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)
催眠作用(眠りを導く)
抗けいれん作用(けいれんを抑える)

といった作用が期待できます。

基本的にどのベンゾジアゼピン系も、この4つの作用を全て有しています。ただし、それぞれの作用の強さはお薬によって違いがあり、抗不安作用は強いけど、抗けいれん作用は弱いベンゾジアゼピン系もあれば、抗不安作用は弱いけど、催眠作用が強いベンゾジアゼピン系もあります。

ちなみにデパスはというと、

強い抗不安作用
強い筋弛緩作用
中等度の催眠作用
弱い抗けいれん作用

を持っています。

このようにデパスをはじめとしたベンゾジアゼピン系は主に抑制系神経に作用するだけであって、食欲や代謝(脂質の分解など)に作用するわけではありません。

そのためデパスの服用によって太る事は基本的にはないと考えてよいでしょう。

デパス 半減期

最後に「半減期」について詳しく説明します。「半減期」はあまり効きなれない用語ですのでその意義をイメージしにくいかもしれません。

半減期というのは「お薬の血中濃度が半分になるまでに要する時間」のことです。半減期はお薬がどのくらいで体の中に取り込まれて、どのくらいで抜けていくのかを「血中濃度」でみています。

お薬を服用してからその成分がどのように身体の中で変化していくかが分かるため、半減期からある程度、そのお薬の作用時間の目安を推測する事ができます。

だいたいのお薬は内服すると、このグラフのようにまず血中濃度がグンと上がり、それから徐々に落ちていきます。

このおくすりは、投与10時間後の血中濃度は「10」ですが、投与20時間後には血中濃度は半分の「5」に下がっています。血中濃度が半分になるのに要する時間は「10時間」ですので、このお薬の半減期は「10時間」だということが出来ます。

そして半減期が10時間ということは「だいたい10時間くらい効くお薬」なんだと分かります。

正確には半減期と作用時間の長さは完全に一致するわけではありません。実際は、お薬を飲むとまずは血中濃度は上がり最高血中濃度に到達してそれから下がっていきますので、厳密に言えば最高濃度に到達するまでの時間も加味しなければいけないでしょう。

更に細かく考えて行けば、どのくらい血中濃度が下がれば薬効を感じなくなるかは人それぞれですし、個々人の体質や代謝能力まで考え出すとキリがなく、作用時間を数値化することは困難になります。

そのため、あまり難しく考えず、ざっくりと「だいたい半減期が作用時間と同じくらいだ」と考えていいのではないかと思います。

半減期はあくまでも目安で、個人差はありますので気を付けてください。お薬を分解する力が強い人もいれば弱い人もいて、人によって差があるのが実情です。