なぜうつ病はエネルギーが出ない

うつ病になると「力が全然わいてこない」,また、天気でいうと「どんよりとした曇りか土砂降りの雨」とも表現できますす。
健康なとき、私たちは意欲や感情を、行動や表情などで外にあらわします。
こうした「気持ち」→「エネルギー」に変換することが、うつ病では難しいです。

うつ病の症状は、風邪や腹痛などの病気と違ってとても広範囲にわたります。
患者さんの訴えが「気分が落ち込み、ひどく憂うつになる」というものだけでなく、
「早朝に目が覚めるのに夜寝られない」とか、「食欲や性欲がない」、
なかには、頭痛、歯痛や胃痛など「痛み」を最初に訴える人も少ないそうです。
続きを読む なぜうつ病はエネルギーが出ない

うつ病を放置するとどうなる?

うつ病は、風邪などのように「いつから始まった」という具体的な日を特定することはできません。
いつの間にか、「以前と違う状態になっている」ことに気づくものの、
それがうつ病であるとは自覚できない場合が多いようです。

うつ病が原因で気分が晴れず、集中力を欠いたり仕事でミスを重ねているにもかかわらず、
「もっと頑張らねば」などと思い詰めてしまうようになりました。
焦りにつながり、悪循環のスパイラルに入っていきます。
続きを読む うつ病を放置するとどうなる?

サイトマップ

ストレスが、うつ病発症のきっかけになることもあります

うつ病の発症には、ストレスが大きく関係しているといわれています。

「心が弱い人はストレスに弱いから、うつ病を発症するのではないか」と考える人がいるかもしれませんが、ストレスとはそもそも「心や体にかかる刺激や負荷」を指します。
つまり、人によっては思いもよらない出来事がストレスになるのです。

続きを読む ストレスが、うつ病発症のきっかけになることもあります

うつ病とは?

うつ病の患者数は近年、増加しており、おようつ病の患者数は近年、増加しており、
およそ95万人1)※にのぼると報告されています。
ですから、誰にとっても身近な病気であるとですから、誰にとっても身近な病気であるといえます。いえます。

うつ病とは、単に気分が落ち込んだり、やる気がでないというようなことではありません。
うつ病は、それ以上のもので、自分では原因がわからなくても、苦しい状態が長く(2週間以上)続きます。
続きを読む うつ病とは?

鬱になって、鬱患者から伝えたい事,うつ病の症状と種類対する知識などの情報を詳しく説明しています。