抗うつ剤はどれくらいで効果が出るのか

抗うつ剤はうつ病をはじめ、不安障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)など、幅広い疾患に用いられる治療薬になります。

一般的に抗うつ剤は即効性がなく、数週間かけてジワジワと効いてくお薬です。
そのため、抗うつ剤は効いているのかどうかが判断しにくいことがあります。

例えば花粉症のお薬のように、飲んでからすぐに効果が出るのであれば、

「この薬は自分に効いている」
「この薬は自分に効かない」と判断しやすいでしょう。

しかし抗うつ剤はそういった効き方をしません。

抗うつ剤はどのくらいで効果が出るのでしょうか。

これは抗うつ剤の種類によっても異なりますし、個人差もありますので一概に言えるものではありません。
しかし臨床的なおおよその感覚で言うと、ある程度の効果が出始めるまでには大体飲み始めてから1~2週間くらいです。
早い方でも効果が出始めるのに5日~1週間ほどはかかるでしょう。

反対に抗うつ剤を飲んでから数時間や数日で明らかな効果が感じられたとしたら、
それは抗うつ剤以外の要因による気分の変化か、抗うつ剤の副作用による異常な気分の持ち上がりなどの可能性を疑います。

このように抗うつ剤は、効果が「出始める」までには一般的に1~2週間を要します。
では、抗うつ剤の「しっかりとした効果」が出るまでにはどのくらいかかるのでしょうか。

これも個人差はあるものの、おおよそ1~2か月くらいです。
もし時間が許すのであればしっかりとした効果を判定するために1~2ヶ月は様子を見て頂きたいところです。

以上が抗うつ剤の効果が出るまでにかかる時間のおおよその目安になります。

一方で、最近の新しい抗うつ剤は効果が出るまでの時間が速いような印象があります。

レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)
サインバルタ(一般名:デュロキセチン)
リフレックス・レメロン(一般名:ミルタザピン)

などの抗うつ剤は、1週程度で気分が改善しはじめることをしばしば経験します。
反対に古い薬、例えば三環系抗うつ剤などはやはり2週間はかかる印象があります。

このような特徴から抗うつ剤は、実は効いているのに「効いていないなぁ」と判断して服薬を止めてしまったり、
反対にほとんど効いていないのに「止めるのも怖いし・・・」と漫然と飲み続けてしまうという事態が生じることがありえます。
このようなあやまった判断をしてしまうと治療にも悪影響を来たしてしまうのです。

抗うつ剤の効きを正確に判断できるようにすることは、実は治療において非常に重要なことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください