ソラナックスの半減期はどのくらい?

ソラナックスは抗不安薬と呼ばれる、不安を和らげる作用を持つおくすりです。

使い勝手がよく、処方される事も多いのですが、その理由のひとつに「半減期がちょうどいい」ことが挙げられます。半減期とは、服薬したおくすりの血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、そのおくすりの作用時間とある程度相関します。

ここでは、ソラナックスの半減期や他の抗不安薬との比較、そこから考えられるソラナックスの効果的な服薬方法について紹介していきます。

ソラナックスは服薬後、約2時間で血中濃度が最大となり、半減期は約14時間です。

抗不安薬は、半減期で分けるとだいたい3種類に分類できます。

  • 半減期が短い ・・・半減期が~6時間
  • 半減期が普通 ・・・半減期が6~24時間
  • 半減期が長い ・・・半減期が24時間~

半減期とは、おくすりの血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、おくすりの作用時間とある程度相関するため、作用時間の目安として使われています。

おおよそですが、「半減期が14時間」≒「作用時間が14時間くらい」と考えます。

おくすりが身体がから抜けていくスピードは個人差があるため、半減期はあくまでも目安ですが、どのおくすりを使うべきかの大きな指標になる数値です。

 

ソラナックスの半減期は、抗不安薬の中で「中等度(普通くらい)」の位置づけです。服薬してから2時間ほどで血中濃度が最高値になり、半減期は約14時間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください