ソラナックスと酒・アルコールの併用はなぜダメ?

抗不安薬の服薬中に、酒・アルコールを飲んでも大丈夫でしょうか。

これは患者さんからよく頂く質問です。結論から言ってしまうと

「抗不安薬の服用中は、極力飲酒すべきでない」

が答えになります。

ソラナックスも抗不安薬であり、アルコールとの併用はおすすめできません。

ソラナックスの内服中はなぜ酒・アルコールを飲んではいけないのか、飲んだらどうなってしまうのか。アルコールを我慢するためにどんな工夫や対処法があるのか。

まずはソラナックスの添付文書を見てみましょう。
酒・アルコールとの併用についてはこのように記載があります。

【相互作用】
(併用注意)
アルコール(飲酒)

臨床症状・措置方法:眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下を増強することがある。
機序・危険因子  :相互に中枢神経抑制作用を増強することが考えられている。

ソラナックスとアルコールの併用は「禁忌(=絶対にダメ)」まではいかないものの、
「併用注意」という扱いになっています。

その理由は「お互いに中枢神経の働きを抑えてしまうため」、そして
それによって「眠気や注意力低下などが起きやすくなるため」と書かれています。

 

ソラナックスは抗不安薬ですが、 抗不安薬もアルコールも、どちらも脳を鎮静させる作用があります。
そしてこれらは併用すると、お互いの作用を強めあってしまうことが知られています

併用すると、脳を過剰に眠らせてしまう原因となるのです。

眠気や注意力・集中力低下が強くなりすぎれば、日常生活に大きな支障をきたすのは
想像に難くありません。

 

併用による問題は、実はこれだけではありません。
抗不安薬とアルコールを併用を続けていると、長期的にも大きな問題を引き起こします。

それは「耐性・依存性形成」と呼ばれるものです。
アルコールも抗不安薬も、どちらも耐性や依存性を起こす物質です。

耐性とは、ある物質を摂取し続けると次第に身体が慣れてきて、効かなくなってくる事です。
アルコールは耐性形成が強く、飲酒を続けているとだんだん少しの量では酔えなくなり、
飲酒量がどんどん増えていくのはみなさんもご存じだと思います。

抗不安薬もアルコールと比べれば軽いものの、耐性形成を起こします。

 

依存性とは、ある物質を摂取し続けていると次第にその物質なしではいられなくなる現象です。

アルコールを大量に長期間摂取していると、次第にアルコールを常に求めるようになってしまいます。
我が国のアルコール依存症患者は80万人、アルコール依存症予備軍は440万人と言われており、
アルコール依存は社会的にも大きな問題となっています。

そして抗不安薬も、アルコールよりは弱いものの依存性があります。

 

問題は、アルコールと抗不安薬を併用する事で、お互いの作用が強まり合い、
より急速に耐性や依存性が形成されてしまうという事です。

相互に作用する事でお互いの血中濃度を強くしてしまい、
実際より多くの量を摂取したのと同じ状態にしてしまうため、急速な耐性・依存形成が起こるのです。

つまり、抗不安薬とアルコールを一緒に飲んでいると、アルコール依存や薬物依存になりやすくなるのです。

 

また、抗不安薬とアルコールがお互いの血中濃度を高めてしまう、という事は
抗不安薬を処方した医師が薬の効果を予測できなくなってしまう、という事でもあります。

例えば、「この人には半日くらい効く抗不安薬がちょうどいいはず」と医師が考えて、
そうような抗不安薬を処方したのに、アルコールを併用してしまうと作用時間が延長してしまい、
半日以上効いてしまいます。

これでは治療に支障が出るのは明らかです。
アルコールと抗不安薬を併用していると、病気が治りにくくなり、
治療により時間がかかるようになるのです。

 

抗不安薬と酒・アルコールを併用すると、互いの血中濃度を高めあってしまう

すると、脳を過剰に鎮静させてしまい、強い眠気・注意力低下の原因となる。
耐性・依存性がより急速に形成され、アルコール依存・薬物依存になりやすくなる。
また、効きが不安定になるため治療にも支障をきたし、疾患も治りにくくなる

という事です。

 

アルコールや抗不安薬の依存は、社会的にも大きな問題となっています。
アルコールと抗不安薬を摂取するという事は、自らの手で自分を依存症にしてしまう行為なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください