ソラナックスの離脱症状の起こしやすさ

抗不安薬はすべて離脱症状を起こす可能性がありますが、

起こしやすさはおくすりによってそれぞれ違います。

離脱症状は、

  • 半減期が短いほど起こりやすい
  • 効果が強いほど起こりやすい
  • 量が多いほど起こりやすい
  • 内服期間が長いほど起こりやすい

と言われています。

ソラナックスは、半減期は14時間とまずまずの長さを持ち、効果も適度であるため、
離脱症状を起こす頻度は普通の部類に入ります。

必要以上に大量に飲んだり、長期間飲んだりしなければ離脱症状で困ることはそこまで多くありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください