ソラナックス 副作用を過度に怖がり過ぎず、適正に使用しましょう

ベンゾジアゼピン系には依存性があり、近年はこれが問題としてメディアに取り上げられることも増えてきました。

そのため、「ベンゾジアゼピン系は絶対に飲みたくない」と拒否される患者さんも時にいらっしゃいます。「お薬は飲みたくない」という希望を治療者に伝えることは何も悪いことではないのですが、中には「ベンゾジアゼピン系は必ず依存する」と過剰に恐怖を感じており、、そのイメージだけで拒否してしまっている方もいらっしゃいます。

例えば、同じように依存性のあるアルコールを考えてみてください。世の成人のほとんどはアルコールを時々飲むと思いますが、その中で依存になってしまうのは無茶な飲み方をするようなごく一部の方だけで、適度な摂取にとどめているほとんどの方はまず依存になる事などありません。

ベンゾジアゼピン系だってこれと同じです。必要な期間・必要な量のみの服薬を、専門家である精神科医のもとで使用しているのであれば、依存性が生じない患者さんもたくさんいるのです。

もちろん、お薬を飲まないでも良いような状態なのであればお薬なしで治療することが一番ですので、飲む必要はありません。しかし、どんなお薬にも副作用はあります。お薬の服薬を考える場合は、副作用だけを見て「怖いからイヤだ」と拒否するのではなく、効果と副作用のバランスを考えて冷静に判断して頂きたいと思っています。

専門家である精神科医が「今のあなたはベンゾジアゼピン系を服薬した方がいいでしょう」と提案するのであれば、それは総合的に見ればお薬を使うメリットの方が高いから提案しているという事を忘れないでください。あなたにとって害しかない治療法を専門家が勧めるはずがありません。そのため、このような状態で服薬を拒否すれば、確かに依存性が生じるリスクはなくなりますが、別のデメリットが生じる可能性があるのです。

例えば、不安がものすごく強い方で、このままベンゾジアゼピン系を服薬しなければ、外出などの生活に必要な活動も行えなくなってしまう可能性が高い患者さんがいたとします。

この方に、期間を決めてベンゾジアゼピン系を投与することがあります。もちろん依存性が生じるリスクはゼロではありませんが、ベンゾジアゼピン系でまずは不安を取り、活動が行えるようになって自信がついてきたところで依存形成しないうちにベンゾジアゼピン系を減らす、というのは悪い治療計画ではないでしょう。

この場合、もしベンゾジアゼピン系を拒否していれば、不安がどんどん増悪して仕事に行けなくなったり、必要な外出も出来なくなってしまったりという状態になってしまうかもしれません。確かに依存が生じるかもしれないというデメリットはありましたが、総合的にはメリットの方が高いと考えることができます。

ベンゾジアゼピン系に依存性があるのは事実であり、依存で苦しい思いをしてしまっている方がいらっしゃるのも事実です。そのため、これらのお薬を安易に使ってはいけないのは間違いのない事です。

しかし偏ったイメージで過剰に怖がるのではなく、お薬のメリットにもしっかりと目を向けて、総合的な判断で服薬をするかどうかを考えて頂きたいのです。メリットとデメリットをしっかりと見極めて、必要なのであればその期間はしっかりと使って病気を治して頂きたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください