ルボックスの減薬や断薬で起こる離脱症状について

抗うつ剤の減薬や断薬は注意が必要です。特にSSRIなどの抗うつ剤は、無理な減薬をすると「離脱症状」を起こしやすくなります。

医師に相談せず、自分で勝手に減らしてしまい、離脱症状で苦しむケースは後を絶ちません。

どんなくすりも、自分の判断で勝手に減らしたり止めたりしてはいけません。必ず主治医と相談し、専門家の判断に従うことが大切です。

ルボックスを急に減薬したり断薬すると、セロトニンの血中濃度が急激に下がります。
セロトニンの血中濃度が急に下がってしまうと、からだはびっくりしてしまい、様々な症状を起こします。

これを一般的に「離脱症状」と呼びます。

離脱症状はSSRIやSNRIで経験することが多く、三環系抗うつ剤などでも時々認められます。

「効果の強い抗うつ剤」「半減期の短い抗うつ剤」で起こりやすいと言われており、
両方を満たすパキシルなどは特に離脱症状が多いと言われています。

ルボックスは、離脱症状の頻度はそこまで多くないものの、
無理な減薬・断薬をすると生じる可能性は十分にあります。

離脱症状の具体的な症状としては、

耳鳴り
しびれ(電気が走るような感じ)
めまい
発汗
吐き気
震え
ソワソワ感

などがあります。

患者の間では耳鳴りがシャンシャン鳴って、手足がビリビリ痺れるという症状から
「シャンビリ」とも呼ばれているようです。

離脱症状はルボックスを減薬・断薬してから、1-2日後に出始めることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください