ルボックスとカフェインの併用はしていいのか?

では実際にルボックスとカフェインを併用した人たちは、どんな様子なのでしょうか?
カフェインを含んだ飲み物と言えば、コーヒーやコーラなどですね。

私の臨床での実感としては、ルボックスを服用中の患者がコーヒーやコーラを飲んだからと言って
体調を崩したり、ルボックスの効きが悪くなったりといったことは、ほぼ起きないように感じます。

薬理学的にはルボックスとカフェインの相性が悪いのは事実ですが
少なくとも、日常で摂取する程度のカフェイン量であれば大きな問題にはならないようです。

今までの話をまとめてみましょう。

ルボックスの添付文書には、ルボックスとカフェインの関係について特に記載なし
薬理学的にはルボックスはカフェインの分解を遅らせる
現場の実感としては普通のカフェインの摂取量であれば問題となる事はない

ここから考えると、

ルボックスがカフェインの分解を遅らせるのは事実である。
しかし、適度なカフェイン量であれば問題にならないことがほとんどであるため、
極端に大量のカフェインを摂取している人以外はさほど気にする事はない。

というのが、妥当な答えではないかと思います。

少量のカフェインで問題となるのであれば、添付文書に必ず書いてあるはずです。

普通の摂取量というと、1日コップ2-3杯程度のコーヒーでしょうか。
その程度であればまず問題ないでしょう。

少なくとも私の経験で言えば、今まで数多くルボックスを使ってきましたが問題になった人はいませんし、
同僚の精神科医でも問題になったケースはありません。

ただし毎日何リットルもコーヒーやコーラを飲むのであればそれは問題になるかもしれません。
その際は主治医としっかり相談して、ルボックス以外の抗うつ剤にするなどの対処をして下さい。

まぁ、でもその場合、何リットルもコーヒーやコーラを飲むことがまず異常ですから、
そちらの対処がまず必要な気もしますけど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください