ノリトレンの適応疾患

ノリトレンはどのような疾患に用いられるのでしょうか。

ノリトレンの添付文書を読むと、

精神科領域におけるうつ病およびうつ状態(内因性うつ病、反応性うつ病、退行期うつ病、神経症性うつ状態、脳器質性精神障害のうつ状態)

に適応があると記載があります。

添付文書だと難しい言葉が並んでいますが、これは要するに「うつ病・うつ状態」に適応があるという認識で問題ありません。

実際の臨床でも、うつ病やうつ状態の患者さんへ処方することがほとんどです。

ノリトレンは、特にノルアドレナリンを増やす作用に優れるため、意欲や活気が低下している方が良い適応となるでしょう。

しかし現在では、最初からノリトレンを使うことはほとんどありません。

SSRIやSNRIなどの新規抗うつ剤を試してみても効果が不十分な難治例に限り、「切り札」として三環系は使用が初めて検討されるべき薬です。

副作用の多い三環系は、新規抗うつ剤と比べると安全性で劣るため、最初から使うべきお薬ではないのです。

また、適応外の使用ではありますが、ノルアドレナリンは「痛みの制御」にも関わっているため、鎮痛剤で効果不十分な痛みにも使われることがあります。

ノリトレン以外にもSNRI(サインバルタ)やトフラニール、トリプタノールなどもノルアドレナリンを増やす作用に優れているため、
痛みを抑えるために使われる抗うつ剤です。

パニック障害や社交不安障害などの不安障害圏の疾患や強迫性障害などにもノリトレンを使うことはありますが、

これらの疾患はノルアドレナリンよりもセロトニンの関与が大きいと考えられているため、

三環系を使うのであればアナフラニールなどから使われることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください