ノリトレンの作用機序

ノリトレンは「三環系抗うつ剤」と呼ばれるタイプの抗うつ剤です。

三環系抗うつ剤は、脳のモノアミンを増やすことで抗うつ効果を発揮します。
具体的に言うと、モノアミンの再取り込み(吸収)を抑える事で濃度を上げます。
三環系抗うつ剤が、モノアミンが吸収・分解させないようにはたらくため、脳内のモノアミン濃度が上昇し、気分の改善が得られるのです。

ちなみにモノアミンとは、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの気分に関係する物質の総称のことで、

セロトニンは落ち込みや不安を改善させ、
ノルアドレナリンは意欲や気力を改善させ、
ドーパミンは楽しみや快楽を改善させる

と考えられています。

ノリトレンは、セロトニンとノルアドレナリン(と少量のドーパミン)を増やしてくれますが、
中でもノルアドレナリンを優位に増やすという特徴があります。
つまりノルアドレナリンを多く増やしたいような状態、
例えば意欲低下・無気力が前景に立つうつ病などではノリトレンを使うことで、より改善が期待できるということです。

ノリトレンはセロトニンに比べてノルアドレナリンを優位に増やすことが分かります。
反対にアナフラニールは、ノルアドレナリンよりもセロトニンを優位に増やすことが分かります。
このように同じ三環系でも、増やす物質の比率が異なるのです。

ちなみに豆知識ですがノリトレンは同種の抗うつ剤である「トリプタノール(一般名:アミトリプチリン)」の活性代謝物になります。
アミトリプチリンが代謝されてできるのがノルトリプチリンであり、
このノルトリプチリンに即効性で強い抗うつ作用が見出されたことから、ノリトレンは開発されたのです。

しかしトリプタノールが代謝されて生じるノリトレンですが、面白いことにトリプタノールとノリトレンは作用の仕方が大きく異なります。

トリプタノールはセロトニンとノルアドレナリンを同じ程度再取り込み阻害するのに対し、
ノリトレンはノルアドレナリン優位に再取り込み阻害するのが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください