ノリトレンの特徴

ノリトレン(一般名:ノルトリプチリン)は1971年に発売された抗うつ剤で、三環系という古いタイプの抗うつ剤に属します。

現在では、SSRI・SNRIやNassaなどといった新しい抗うつ剤が主に使われるため、ノリトレンなどの三環系抗うつ剤の出番は少なくなっています。

しかし三環系は、他の抗うつ剤には無い強力な抗うつ効果を持っており、難治性の方などに対して今でも処方される事があります。

副作用が多いため注意は必要ですが、必要な時にのみ正しく使えば、大きな効果が期待できる薬です。

まずは、ノリトレンの特徴をざっくりとですが紹介します。

【良い特徴】

強力な抗うつ効果
三環系の中ではノルアドレナリンを増やす作用に優れる
三環系の中では副作用は少なめ
薬価が安い

【悪い特徴】

副作用が多い

「効果も強いけど副作用も強い」のが三環系抗うつ剤に共通する特徴です。
ノリトレンも三環系ですのでその傾向があり、強力な抗うつ効果が期待できる一方で副作用も多めの傾向があります。

「ハイリスク・ハイリターン」

これが三環系に共通するイメージです。

三環系抗うつ剤もいくつか種類がありますが、その中でノリトレンの位置づけは、「ノルアドレナリンを増やす効果に優れる抗うつ剤」だと言えます。

基本的に三環系はノルアドレナリンを優位に増やすものが多く、
ノリトレン以外にもアモキサン(一般名:アモキサピン)、トフラニール(一般名:イミプラミン)などはノルアドレナリン優位型の抗うつ剤です。

反対にアナフラニール(一般名:クロミプラミン)はセロトニンを優位に増やす作用を持ち、
トリプタノール(一般名:アミトリプチン)はセロトニンとノルアドレナリンをバランス良く増やします。

そのため、ノリトレンは特にノルアドレナリンが足りていないと予測される病態でより大きな効果が見込めます。
ノルアドレナリンは意欲・気力などに関係していると考えられているため、意欲低下・無気力などが主体のうつ病の方には向いている薬となります。
実際、ノリトレンを「アッパー系(テンションが上がる方向に作用する)の抗うつ剤」だと評価する患者さんは多いように感じます。

ノリトレンのデメリットは、副作用が多いことです。
これはノリトレンに限らず三環系全般に言えることですが副作用が多く、時に重篤な副作用も起こり得るのは三環系の大きなデメリットです。

現在、三環系抗うつ剤がほとんど用いられず、SSRI、SNRI、NaSSAといった新しい抗うつ剤が用いられることが多いのは、
三環系のこの副作用の多さが一番の理由です。
新しい抗うつ剤は効果の強さは三環系と同等かやや劣る程度と言われていますが、副作用は三環系と比べて圧倒的に少ないのです。

しかしノリトレンは副作用は多いものの、同種の三環系抗うつ剤の中ではまだ副作用は少なめであり、三環系の中では安全性は比較的高いと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください