アモキサン 他の抗うつ剤との比較

アモキサンは三環系抗うつ剤というタイプに属する抗うつ剤です。
三環系は古いくすりであり、一般的に副作用が多いため、最近の抗うつ剤と比べると太りやすいと言えます。

リフレックスやレメロンは抗ヒスタミン作用が強く、特に太りやすい抗うつ剤として知られています。
また、三環系抗うつ剤やパキシルも抗ヒスタミン作用は比較的強く、まずまず太りやすいと言われています。

三環系の中でもトリプタノールは抗ヒスタミン作用が強いため、とりわけ太りやすく、
その他の三環系の太る程度は、だいたいどれも同じくらいです。

パキシル以外のSSRI(ルボックス・デプロメール、ジェイゾロフト、レクサプロ)は、
体重増加は起こしうるものの、三環系やパキシルと比べると軽い事が多いようです。
中でもジェイゾロフトは副作用の軽さに定評があり、体重増加もきたしにくいと言われています。

トレドミン、サインバルタなどのSNRIも体重増加が少ない抗うつ剤です。

SNRIには意欲や活動性を上げるノルアドレナリンの作用があります。
ノルアドレナリンは代謝が上げるため、体重増加が出にくいのでしょう。
SNRIは逆に痩せてしまう人もいるくらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください