拒食症の診断基準とは

拒食症は、太ることへの恐怖から食事の量が極端に減ってしまう疾患です。
極端に食事量が減れば、健康を維持することが出来なくなり、心身に様々な支障を来たすようになります。

拒食症は出来る限り早くに正しく診断を受け、適切な治療を始めることが大切です。
発症から受診までの日が長いほど治りが悪くなることが指摘されており、
早めに受診するという行動は、それ自体が拒食症の治療経過を良くする行動の1つになります。

ではどんな症状が認められたら拒食症の可能性があり、受診を検討した方が良いのでしょうか。

疾患にはそれぞれ診断基準というものがあります。

診断基準とは「この症状を満たしたら、その疾患だと診断できるよ」というもので、
私たち医師は基本的にはこの診断基準にのっとって疾患の診断を行っています。

精神科領域では世界保健機関(WHO)が公表しているICD-10、
そしてアメリカ精神医学会(APA)が公表しているDSM-5の2つの診断基準が主に用いられていますが、
診断基準の内容は公表している団体によって多少の違いがあります。

拒食症の診断基準として、ここではDSM-5の診断基準を紹介します。まずは原文のまま紹介し、その後に詳しく説明します。

【神経性やせ症/神経性無食欲症】

A.必要量と比べてカロリー摂取を制限し、年齢、性別、成長曲線、身体的健康状態に対する有意に低い体重に至る。
有意に低い体重とは、正常の下限を下回る体重で、子供または青年の場合は、期待される最低体重を下回ると定義される。

B.有意に低い体重であるにもかかわらず、体重増加または肥満になることに対する強い恐怖、または体重増加を妨げる持続した行動がある。

C.自分の体重または体型の体験の仕方における障害、自己評価に対する体重や体型の不相応な影響、
または現在の低体重の深刻さに対する認識の持続的欠如。

(DSM-5の診断基準より)

以上A.B.C.を満たした場合、診断基準的には神経性無食欲症(いわゆる拒食症)の診断を満たすことになります。

診断基準というのは非常に難しく書かれているため、なかなか内容が分かりにくいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください