パニック障害と飛行機 飛行機内でパニック発作が起こりやすい理由

パニック障害は、パニック発作と呼ばれる自律神経症状(めまい、動悸、呼吸苦など)が突然起こる疾患です。
パニック発作で死ぬことはありませんが、急に生じる発作は大変な恐怖であり、
患者さんは発作への恐怖から落ち着いた日常生活を送れなくなってしまいます。

パニック発作には起こりやすい状況というものがあります。そのひとつに「飛行機」があります。
パニック障害にかかってから飛行機に乗れない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

旅行が趣味だったり楽しみだったりしていた方が、パニック障害で飛行機に乗れなくなってしまうというのはつらいものです。

なぜ飛行機の中ではパニック発作が起こりやすくなってしまうのでしょうか。

パニック障害は不安障害(不安症)に属する疾患であり、「不安」が根本にある疾患です。
そのため、不安を感じやすい状況ではパニック障害も悪化しやすくなり、パニック発作も起こりやすくなります。

私たちが本能的に不安を感じやすい場所として「閉鎖空間」があります。
これは「閉じ込められた(と感じるような)場所」であり、「容易に逃げることができない場所・状況」とも言い換えることができます。

健常な人でも閉鎖空間には多少の不安を感じるのが普通です。
例えば同じ100mを歩くのでも、広々とした青空の下を歩くのと、真っ暗で狭い洞窟を歩くのとでは感じる不安度は大きく異なるでしょう。

不安の疾患にかかっていない人でも閉鎖空間には不安を覚えるのですから、
パニック障害にかかってしまうと、より強く閉鎖空間に不安を感じるようになってしまいます。

専門用語ではこの閉鎖空間に対する不安を「広場恐怖(agoraphobia)」と呼びます。

広場恐怖というと、「広い場所に恐怖を感じる」という意味に誤解されがちですが、そうではありません。
古代ギリシアでは広場で集会が行われていましたが、集会と言うのはなかなか抜け出せない状況であるため、
「広場=容易に逃げ出せない場所」と捉えられ、このような用語になったのです。

そして、飛行機の中は完全な閉鎖空間です。

飛行機は一旦出発したら、目的地に到着するまで降りることはできません。
数時間は閉鎖空間の中に居続けなくてはいけないのです。この「容易に逃げることができない状況」は、広場恐怖に該当します。

他にも、日常で良く経験する広場恐怖には、

・電車
・歯医者
・美容室
・映画館
・暗くてせまい飲食店
・ダイビング

などがあり、これらの場所ではパニック発作が起こりやすいことが知られています。

パニック発作は、パニック障害が治っていけば自然となくなっていきます。
そのため、パニック発作を起こさないためには、パニック障害の治療をしっかりと行うことが何よりも重要です。

精神科を受診し、主治医に指示された治療をしっかりと行いましょう。また、処方されたくすりは用法通りにしっかりと飲みましょう。

しかしパニック障害を治すのにはある程度の時間がかかります。
パニック障害の治療中でも、どうしても仕事などで飛行機に乗らないといけないという状況もあるかもしれません。

この時、飛行機でなるべくパニック発作を起こさないようにするにはどのような考え方を持てばよいでしょうか。

必ず持って頂きたいのが、

パニック発作は長くは続かず、必ず落ち着く
パニック発作で死んでしまう事は絶対にない

という考えです。この考えを持っていても恐怖や不安は感じるものですが、
それでもこのような考えを頭の片隅に持っておけば、いたずらに不安を増幅させる事がなくなります。

パニック発作は、急に動悸・めまい・呼吸苦などの症状が出現するため、「このまま死んでしまうのでは」という強い恐怖を感じます。
そしてこの恐怖が更にパニック発作を増悪させてしまいます。

しかし実はパニック発作が原因で死んでしまった人は1人もいません。パニック発作は10分程度で必ず落ち着き、後遺症も残らないものです。

そうは言っても怖いのがパニック発作ですが、「時間が経てば必ず落ち着くんだ」ということを頭でしっかりと理解しておくことは重要です。

パニック発作が起こりそうになっても

「大丈夫。これで死ぬことはない」

「すぐに発作は落ち着く」と考えてください。

それ意識だけでも不安は軽減され、発作が起きにくくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください