パニック障害と歯医者。 歯医者でパニック発作が起こる理由

パニック障害は、パニック発作と呼ばれる自律神経発作(めまい、動悸、呼吸苦など)が起こってしまう疾患です。
パニック発作が生じやすい状況のひとつに「歯医者」があります。
パニック障害にかかってから歯医者さんが怖くてなかなか行けないという方は少なくありません。

なぜ歯医者ではパニック発作が起こりやすくなってしまうのでしょうか。

パニック障害は不安障害(不安症)に属する疾患であり、「不安」が根本にある疾患です。
そのため、不安を感じやすい状況ではパニック障害も悪化しやすくなり、パニック発作も起こりやすくなると考えられています。

私たちが本能的に不安を感じやすい場所として「閉鎖空間」があります。
これは「閉じ込められた(と感じるような)場所」であり、
「容易に逃げることができない場所・状況」とも言い換えることができます。

健常な人でも閉鎖空間には多少の不安感を覚えるものですが、
パニック障害にかかってしまうと閉鎖空間に対して、より強く恐怖を感じるようになってしまいます。

専門用語ではこれを「広場恐怖(agoraphobia)」と呼びます。

広場恐怖というと、「広い場所に恐怖を感じる」という意味に誤解されがちですが、そうではありません。
古代ギリシアでは広場で集会が行われていましたが、集会と言うのはなかなか抜け出せない状況であるため、
「広場=容易に逃げ出せない場所」と捉えられ、このような用語になったのです。

そして、実は歯医者は閉鎖空間に近い状況が作られているのです。

歯医者での治療は、あの歯科独特の椅子に座って行われますが、この状況下で患者は自由に動く事ができなくなります。
これは「容易に逃げることができない状況」であり、広場恐怖に該当します。
更に抜歯などの処置を行うとなると、行動は更に制限される上に、治療に対する不安や恐怖も重なります。

ちなみに美容室も歯医者と似たような状況になるため、パニック発作を起こしやすい場所になります。

他にも、日常で良く経験する広場恐怖には、

・電車
・飛行機
・映画館
・暗くてせまい飲食店
・ダイビング

などがあり、これらの場所ではパニック発作が起こりやすいことが知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください