サインバルタの副作用(各論)セロトニン症候群・賦活症候群

頻度は稀ですが、セロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤は、副作用として「セロトニン症候群」が生じる事があります。

セロトニン症候群は身体のセロトニン濃度が急激に上昇する事で生じます。特にお薬の服用を始めたばかりの時に最も生じやすい傾向があります。

また「賦活症候群(アクチベーション・シンドローム)」は、セロトニン症候群と同じくセロトニンを増やす作用を持つお薬を服用した初期に、気分が変に持ち上がってしまう症状の事です。

セロトニン症候群と賦活症候群は共通の病態で生じると考えられ、セロトニン症候群の一部(気分に関係する症状)が賦活症候群であると考える事が出来ます。

セロトニンの量が増えれば増えるほど発症するリスクは上がりますので、セロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤を多剤服用しているような方では発症リスクはより高くなります。

セロトニン症候群が生じると、

精神症状(イライラ、不安、意識障害など)
自律神経症状(発熱、発汗、心拍数増加、呼吸促拍、腹痛など)
神経症状(振戦、筋硬直など)

などの症状が認められます。

セロトニン症候群が生じても、その程度があまりひどくない場合は、そのまま様子を見る事もあります。しかし頻度は低いもののイライラや焦りから自傷行為・自殺行動などに至ってしまうリスクもゼロではないため、慎重に経過を追っていく必要があります。

そのため少しでもリスクが認められる場合は、原則として原因薬の中止を検討する必要があります。

セロトニン症候群はお薬によってセロトニンが急に増えた事で生じていますので、原因となるお薬を中止すればセロトニン症候群は治まります。

またどうしても原因薬の中止が難しかったり、すぐにセロトニン濃度を下げる必要がある場合はセロトニンのはたらきを抑えるお薬(セロトニン拮抗薬)を用いる事もあります。

セロトニン症候群の治療に用いられるセロトニン拮抗薬には、

ペリアクチン(一般名:シプロヘプタジン)

などがあります。

サインバルタの副作用(各論)体重増加 ふらつき・めまい

精神に作用するお薬は、服用を続けていると太ってしまう事があります。

抗うつ剤にも体重増加の副作用を持つものがあり、サインバルタもその1つです。しかしサインバルタは抗うつ剤の中では体重増加は起こしにくい抗うつ剤になります。

抗うつ剤で体重増加が生じるのは、心身がリラックス状態になる事によって代謝が落ちる事が一因です。またそれ以外にもサインバルタにはヒスタミンのはたらきをブロックしてしまう作用があり(抗ヒスタミン作用)、これも体重増加の一因となります。

抗ヒスタミン作用とは、ヒスタミンが作用する部位の1つであるヒスタミン1受容体(H1受容体)に蓋をしてしまい、ヒスタミンが作用できないようにしてしまう作用です。

サインバルタは軽度の抗ヒスタミン作用を認めるため、ヒトによっては体重増加が生じる事があります。

しかし一方でサインバルタはノルアドレナリン系に作用して、身体の代謝を上げる作用もあります。これは体重を落とす方向にはたらきます。

このようなノルアドレナリン系の作用があるため、SNRIであるサインバルタは体重増加の副作用は多くはないのです。

サインバルタは頻度は多くはないものの、めまいやふらつきといった副作用が生じる事もあります。これはサインバルタがα(アドレナリン)1受容体という部位をブロックし、血圧を下げてしまうために起こります。

ただしサインバルタをはじめとしたSNRIは、覚醒度や血圧を上げる物質であるノルアドレナリンを増やす作用に優れるため、逆に血圧が上がる事もあります。そのためふらつき・めまいが生じる頻度は少なめです。

サインバルタでふらつきやめまいが生じてしまった際は、

ふらつき、めまいの少ない抗うつ剤に変更する
抗うつ剤の量を減らす
α1受容体遮断作用を和らげるお薬を試す

などの方法がとられます。

α1受容体遮断作用を和らげるお薬としては主に昇圧剤(リズミック、アメジニンなど)が用いられることがあります。

サインバルタの副作用(各論)眠気

サインバルタは服用によって眠気が生じる事もあります。

これはサインバルタがヒスタミン受容体をブロックする作用が多少あるためだと考えられています。ヒスタミンは脳を覚醒させる作用を持つ物質ですので、そのはたらきがブロックされると眠くなってしまうのです。またアドレナリン受容体をブロックして血圧を下げる作用も多少ある事も影響しています。

しかしサインバルタのこれらの作用は強くはありません。加えてノルアドレナリンによる血圧上昇の作用やセロトニン2A受容体を刺激する事による不眠の作用もサインバルタにはあるため、これらの副作用の頻度は他の抗うつ剤と比べて少なめになります。

サインバルタで眠気が生じてしまった時の対処法としては、

症状が軽度であれば少し様子をみてみる
睡眠環境に問題がないかを見直す
併用薬に問題がないかを見直す(サインバルタの作用を強めるものはないか)
肝機能・腎機能に問題がないかを確認する
服用時間を変えてみる(夕食後や寝る前に服用する)
サインバルタを減薬する
他の抗うつ剤に変更する

などの方法が取られます。

サインバルタの副作用(各論)頭痛・動悸・血圧上昇 抗コリン作用(口喝、便秘など)

サインバルタはノルアドレナリンを増やす作用があります。

これは意欲を改善させたり、痛みを抑えたりする良い作用がありますが、一方でアドレナリン系の物質であるため、脈拍を早めたり血圧を上げてしまう副作用となる事もあります。

また血圧上昇に伴って頭痛が生じたり、アドレナリン受容体を刺激する事によって尿道を収縮させてしまい尿閉(尿が出なくなる事)を引き起こしてしまう事もあります。

これらノルアドレナリン系の副作用が生じた場合、その程度がひどい場合はサインバルタの減薬あるいは変薬をする必要があります。

抗コリン作用とは抗うつ剤がアセチルコリンという物質の働きをブロックしてしまうことで生じる副作用です。

具体的な症状としては、

口渇(口の渇き)
便秘
尿閉(尿が出にくくなる)
顔面紅潮
めまい
悪心
眠気

などがあります。

抗コリン作用は、古い抗うつ剤である三環系抗うつ剤に多く認められる副作用で、比較的新しいSNRIではその頻度は多くはありません。

抗コリン作用が生じてしまった際の対処法としては、

抗コリン作用の少ない抗うつ剤に変更する(NaSSAやドグマチールなど)
サインバルタの量を減らす
抗コリン作用を和らげるお薬を併用する

などの方法があります。

抗コリン作用を和らげるお薬として、

便秘がつらい場合は下剤
口渇がつらい場合は白虎加人参湯などの漢方薬

などが用いられる事があります。

サインバルタの副作用(各論)性機能障害

性機能障害もSSRIやSNRIといった抗うつ剤で多い副作用です。具体的な症状としては、勃起障害や射精障害、性欲低下などになります。

SNRIに属するサインバルタでもこれらはまずまずの頻度で生じます。

サインバルタで性機能障害が生じる原因は、主にセロトニン2A受容体が関与していると言われています。また、α(アドレナリン)1受容体をブロックする作用も関係していると考えられています。

性機能障害は、なかなか相談しずらい副作用であるため、私たち医療者も見逃がしがちですが、こちらから話題を振ると実は困っている患者さんは少なくない事に気付きます。

性機能障害に対する対処法としては、サインバルタの減量あるいは変薬になります。

サインバルタの副作用(各論) 不眠

不眠はサインバルタでしばしば認められる副作用です。

サインバルタに限らず多くのSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)、SNRIで生じます。

サインバルタで不眠が生じるのは、サインバルタがセロトニン2A受容体という部位を刺激してしまう事で脳を覚醒させてしまうためです。

これにより気力が高まるという良い作用もあるのですが、一方で不眠・中途覚醒・浅眠などが生じる事もあります。

サインバルタで不眠が生じた際の対処法としては、

少しの間、様子を見る
サインバルタの増薬ペースを緩める
眠りを深くする抗うつ剤を併用する
他の抗うつ剤に変更する

という対処法が取られます。

他の副作用と同様、不眠の副作用もお薬が身体に慣れてくるにつれて改善する事もあります。そのため不眠症状がそこまでひどくなく、まだサインバルタの服用をはじめたばかりだという事であれば少しの間様子を見てみるのも手です。

またお薬が急に増えると、セロトニン2A受容体が強く刺激されるため不眠の副作用も生じやすくなります。反対に少しずつ増えればセロトニン2A受容体も穏やかに刺激されるため副作用も生じにくくなります。

急にサインバルタを増薬した事で不眠が生じてしまった場合には増薬スピードを緩めてみるのも有効です。

また抗うつ剤の中にはサインバルタと反対にセロトニン2A受容体をブロックする作用を持つものもあり、これらの抗うつ剤は眠りを深くする作用があります。

鎮静系抗うつ剤と呼ばれる「NaSSA」「四環系抗うつ剤」「レスリン・デジレル(一般名:トラゾドン)」などが該当しますが、これらの鎮静系抗うつ剤を併用すればサインバルタのセロトニン2A受容体刺激作用を打ち消してくれるため不眠の改善が得られる可能性があります。

以上の方法を試しても不眠の改善が得られない場合は、不眠が生じにくい抗うつ剤に変更するのも方法になります。

サインバルタの副作用(各論) 吐き気

サインバルタで注意する副作用の1つに「吐き気」があります。

吐き気はセロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤の多くに認められる副作用ですが、サインバルタの吐き気の頻度は、他の抗うつ剤と比べてもやや多めとなります。

この吐き気は服用初期、つまり「飲み始め」に起こりやすいという特徴があります。

抗うつ剤は、「気分を改善させる」という作用を得るには少し時間がかかります。サインバルタも同様で、抗うつ作用が認められるにはどんなに早くても1週間はかかります。しっかりとした効果を得るのであれば1カ月ほどは見ないといけません。

このように効果が得られるまでには結構時間がかかるのですが、副作用は服用してすぐに出るものもあります。

吐き気はその筆頭とも言うべき副作用で、服用して数時間後には出てきてしまう事もあります。

では、なぜサインバルタをはじめとした抗うつ剤では服用初期に吐き気が生じるのでしょうか。

サインバルタをはじめ、多くの抗うつ剤は「脳神経間のセロトニン量を増やす」ことを目的に投与されます。セロトニンは気分に関係する物質であり、セロトニンの低下は気分の落ち込みや不安の増悪を引き起こすと考えられているためです。

しかし抗うつ剤を服用すると、お薬の成分は血液中に入り全身に回りますので、脳だけでなく身体の様々な部位のセロトニン量を増やしてしまいます。

セロトニンが作用する部位を「セロトニン受容体」と呼びますが、実はセロトニン受容体のうち脳に存在するのはわずか10%ほどで、残り90%以上は脳以外に存在しています。そして脳以外でセロトニン受容体が一番多い部位は胃や腸といった消化管なのです。

この消化管に存在するセロトニン受容体をサインバルタが刺激してしまう事により、吐き気や気分不良といった副作用が生じてしまうのです。

このような消化器系の副作用は不快な症状ではありますが、別の見方をすれば吐き気が生じているという事は、身体の中でセロトニンを増やす変化が起き始めているという事でもあります。

サインバルタで吐き気が生じてしまった時は、

症状が軽ければ少し様子を見てみる
胃薬や吐き気止めを併用する
抗うつ剤の種類を変える

などの対処法が取られます。

吐き気は服用初期に生じますが、その多くは長期化せず1~2週間もすれば改善していきます。そのため吐き気の程度が軽いようであれば少しの間様子を見てみるのも手です。

あるいは副作用を抑える目的で胃薬や吐き気止め(制吐剤)を吐き気が治まるまで併用するのも良いでしょう。

これらの方法でも吐き気が治まらない場合は、他の吐き気の少ない抗うつ剤への変薬も検討されます。

サインバルタの副作用(総論)

サインバルタにはどのような副作用があるのでしょうか。また他の抗うつ剤と比べて副作用は多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうか。

サインバルタはSNRIという比較的新しい部類に入る抗うつ剤であるため、全体的に見れば副作用の頻度は多くはありません。

サインバルタの副作用には、

ノルアドレナリンを増やす事で生じる副作用
セロトニンを増やす事で生じる副作用
その他の物質に影響する事で生じる副作用

があります。

ノルアドレナリンを増やす事で生じる副作用としては、

血圧上昇
動悸
頭痛
尿閉

などが挙げられます。

ノルアドレナリンはアドレナリン系の物質になるため、血圧をあげてしまったり、それによって頭痛を引き起こしたり、尿道を収縮させてしまったりする事があるのです。

セロトニンを増やす事で生じる副作用としては、

吐き気、胃部不快感
性機能障害

などが挙げられます。

またその他の物質に影響する事で生じる副作用としては、

便秘や口渇、尿閉(アセチルコリンをブロックする事で生じる)
ふらつきやめまい(α1受容体をブロックする事で生じる)
眠気や体重増加(ヒスタミンをブロックする事で生じる)

などがあります。

他の抗うつ剤と比較してみると、

吐き気・胃部不快感といった胃腸症状は服用初期にやや多め
ノルアドレナリン系の副作用が生じうる
眠気や体重増加は少なめ

という特徴があります。

サインバルタの効果

サインバルタはどのような効果を期待して投与されるお薬なのでしょうか。

サインバルタは「抗うつ剤」ですので、うつ病で生じる気分の落ち込みなどの症状を改善させる作用があります。

その強さは個人差もありますが、「やや強め」であると感じます。気分を持ち上げる作用としてはまずまず頼れるお薬です。

サインバルタは作用機序でも説明したように、

セロトニン
ノルアドレナリン

を増やす作用に優れます。

また前頭葉のドーパミンも増やす作用が報告されております。

ここから、

落ち込みや不安(セロトニンが関係)
やる気や意欲(ノルアドレナリンが関係)
楽しみや快楽(ドーパミンが関係)

といった症状に対して効果が期待できます。

更にノルアドレナリンを増やす作用を持つサインバルタは、

神経痛
心因性に生じる痛み

に対しても効果が期待できます。

うつ病患者さんの約6割は、何らかの身体の痛みが生じているという報告もあり、このサインバルタの鎮痛作用は、うつ病患者さんにとっても役立つ作用となります。

ちなみにサインバルタの効果は抗うつ剤の中ではどのくらいの強さなのでしょうか。

参考になる調査の1つにMANGA studyというものがありますので、紹介します。

この調査は「抗うつ剤の強さや副作用の多さをランク付けしてみよう!」というもので、調査結果には賛否両論ありますが「抗うつ剤に順位を付ける」という興味深い試みであったため、当時精神科医の間でも大きな反響を呼びました。

実はこの調査結果では、サインバルタは散々な結果でした。「サインバルタは効果も低いし、副作用は多い」という結果になってしまったのです。

有効性とはお薬の抗うつ作用の効果の強さを表しており、数字が大きいほど効果が高いことを示しています。忍容性とは副作用の少なさで、大きいほど副作用が少ないことを表しています。

フルオキセチン(国内未発売)という抗うつ剤を「1」とした場合の、それぞれの抗うつ剤の比較で、これをみるとレクサプロやリフレックス、ジェイゾロフトなどは高評価ですが、サインバルタやルボックスは残念な結果になってます。

しかし、この報告はあくまでも参考程度にとどめるべきでしょう。サインバルタは世界的に見ても処方数の多い抗うつ剤の1つですが、本当にサインバルタにここまで効果がないのであれば、世界的にここまで多く処方されるはずがありません。

私の印象としては有効性は1.25、忍容性は1.05といったところでしょうか。効果もまずまず強いし、副作用も全体的には少なめです。

サインバルタの作用機序

サインバルタはどのような作用機序を持つ抗うつ剤なのでしょうか。

サインバルタはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)という種類に属します。その名の通り、セロトニンとノルアドレナリンが再取り込みされてしまうのを阻害し、セロトニンとノルアドレナリンの濃度を上げるはたらきを持ちます。

セロトニンやノルアドレナリンは「神経伝達物質」と呼ばれる物質です。これは、神経と神経の接続部である「神経間隙」という空間に分泌される物質の事です。

この神経伝達物質を通じてある神経の情報は次の神経に伝わっていき、これにより脳神経は様々な活動を行っているのです。

神経伝達物質も、伝える情報の種類によって様々な種類があります。このうち、セロトニンやノルアドレナリンは「モノアミン系」という神経伝達物質になり、主に「気分」に関係する情報を伝える物質になります。

モノアミンにはセロトニンやノルアドレナリンの他にもドーパミンもあり、

セロトニンは落ち込みや不安に関係する
ノルアドレナリンは意欲ややる気に関係する
ドーパミンは楽しみや快楽に関係する

と考えられています。

ある神経から情報が電気信号によって伝わってくると、神経間隙に神経伝達物質が分泌されます。その信号を受け取る側の神経には「受容体」と呼ばれる神経伝達物質がくっつく部位があります。神経間隙に分泌された神経伝達物質は、受容体にくっつく事で次の神経に情報を伝え、これによって信号を受け取った神経はまた次の神経に同じような方法で信号を伝えていくのです。

うつ病ではモノアミンの分泌量が低下している可能性が指摘されています。これらモノアミンの分泌量が少ないと、神経は気分の情報をスムーズに次の神経に伝えられなくなってしまい、気分が不安定になってしまうというわけです。

SNRIは神経間隙に分泌されたセロトニンやノルアドレナリンが再吸収されてしまうのを防ぎ、長く神経間隙にとどまるようにはたらきます。するとセロトニンやノルアドレナリンの分泌量が少ない状態でも、これらのモノアミンが受容体にくっつける確率は高まるため、気分の情報が正しく伝わるようになり、うつ病の改善が得られるのです。

ちなみにサインバルタは主にセロトニンとノルアドレナリンを増やす作用に優れますが、脳の前頭葉のドーパミンも増やす作用が報告されており、これも抑うつ症状の改善に役立っていると考えられています。

サインバルタの特徴

サインバルタカプセル(一般名:デュロキセチン塩酸塩)は、2010年から発売されている抗うつ剤です。

海外では2004年から発売されており、全世界的に用いられている抗うつ剤の1つです。

サインバルタはSNRI(Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitors:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)と呼ばれる種類の抗うつ剤で、セロトニンとノルアドレナリンという2つの物質を増やす作用があり、これにより抑うつ症状を改善させます。

SNRIは抑うつ症状の中でも「意欲」を改善させる作用に優れるため、特に意欲低下が強い方に適しています。また痛みを改善させる作用もあるため、神経性の痛みを併発している方にも使いやすい抗うつ剤です。

まず最初にサインバルタという抗うつ剤の全体像をつかむため、その特徴について簡単に紹介します。

抗うつ剤の特徴を知るためには、

作用機序とそこから考えられる効果
作用の強さ
副作用の多さ
その他の付加的な作用

という4つの視点から見てみると、他の抗うつ剤と比較しやすいかと思います。

サインバルタはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)と呼ばれ、脳の神経間のセロトニンとノルアドレナリンを増やす作用を持つ抗うつ剤です。

セロトニンは落ち込みや不安を改善させる作用があります。ノルアドレナリンは意欲ややる気を改善させる作用があります。つまりサインバルタはこの2つの症状を改善させる作用を持つ抗うつ剤だというわけです。

臨床的な実感として、作用の強さもしっかりしており、落ち込みや意欲低下をしっかりと持ち上げてくれます。

副作用も多くはありません。副作用で特記すべきは精神科のお薬に多い眠気や体重増加といった副作用が生じにくい事で、これは患者さんにも喜ばれます。

一方でアドレナリン系を増やす作用が強いため、血圧を上げたり、頭痛や動悸を引き起こしたり、尿が出にくくなったりという副作用が生じる可能性があります。

SNRIであるサインバルタは「ノルアドレナリンを増やす作用がある」というのが大きな特徴です。ノルアドレナリンは前述の通り意欲改善に効果がありますが、それ以外にも「痛み」を抑える作用がある事が知られています。

そのためサインバルタは神経性の痛みを有しているうつ病患者さんには、抗うつ作用と鎮痛作用の両方の効果が期待できます。またうつ病がなくても神経痛を有する患者さんにも効果は期待でき、実際にサインバルタは整形外科でも神経痛の治療にも用いられているほどです。

以上がサインバルタの特徴です。

サインバルタの全体像がつかめたでしょうか。

ミルナシプランの薬価

ジェネリック薬が「一般名+会社名」という名称になったため、
一般名を目にする機会が増えてきました。

ちなみに一般名というのは、その薬物の国際的な名称のことです。

優れたお薬は、日本だけでなく全世界で使われています。
となると全世界で共通の薬物の名称が必要になります。
それが一般名なのです。

つまり、ミルナシプラン(milnacipran)と言えば海外の医師にも通じますし、
論文や専門誌など多くの国の医師が見る可能性のあるものにはすべて「milnacipran」と書かれています。

?

対して「トレドミン」というのは商品名で、トレドミンを発売しているヤンセン社が
販売する際に独自につけたミルナシプランの名称です。

ちなみに余談になりますが、「トレドミン」という名前の由来は、英語の
「Tolerance is dominant」(安全性に優れる)から来ています。
副作用の少ないおくすり、という名前の由来通り、トレドミンは副作用が少ないのです。

トレドミン錠(正規品)    12.5mg    21円
トレドミン錠(正規品)     15mg    24.4円
トレドミン錠(正規品)    25mg    35.7円
トレドミン錠(正規品)    50mg    60.5円

ミルナシプラン錠(ジェネリック)12.5mg  12.9~15.1円
ミルナシプラン錠(ジェネリック)15mg   13.7~17.9円
ミルナシプラン錠(ジェネリック)25mg    21.5~26.3円
ミルナシプラン錠(ジェネリック)50mg    37.5~49.4円

正規品と比べるとジェネリックは大分安いですね。

ジェネリックの薬価は各製薬会社によってバラツキがありますが、効果はどれも変わりません。

ミルナシプランが向いている人は?

効果は弱めだけど、副作用も弱め。
意欲改善に効果がある。

これがミルナシプランの特徴です。

また、SNRIには「痛みを改善させる」という効果があり、これも特徴になります。
ミルナシプランは肝臓の代謝酵素に影響しないため、肝機能が悪い方にも使いやすいというメリットもあります。

?

ここから考えると、

意欲低下が主体のうつ病で、そこまで程度が重くない方
痛みを伴ううつ病で、そこまで程度が重くない方

に推奨しやすい抗うつ剤であると思われます。

また、

肝機能が悪い方
他の抗うつ剤で治療してて、あと一歩の改善が欲しい方

などにも、いい適応になるでしょう。

?

反面、尿閉の副作用が起きやすいので、元々尿が出にくい方(前立腺疾患など)は
ミルナシプランの使用は慎重になるべきでしょう。

ミルナシプランの副作用

全てのくすりに言えることですが、どんなくすりでも副作用があります。
一般的に安全と思われている漢方薬にだって、副作用の報告はいくつもあるのです。

ミルナシプランは、他の抗うつ剤と比べると副作用が少ないといえるおくすりですが、
それでも副作用の報告はあります。

ここでは、報告されている副作用の中から、臨床で特に見ることの多い副作用を紹介します。
なお、これらの副作用はミルナシプランに限らず、多くの抗うつ剤でも同様に認められます。


Ⅰ.尿閉(尿が出にくくなる、出なくなる)

ミルナシプランをはじめとしたSNRIは尿閉が起こりやすいのが特徴です。
これはノルアドレナリンに尿道を締める作用があるためです。

前立腺肥大などの疾患を持っていて、元々おしっこが出にくいという方は特に注意が必要です。

尿閉が心配な場合は、ノルアドレナリン作用のない抗うつ剤を選択するとよいでしょう。
SSRI(特にジェイゾロフトやレクサプロ)が候補に挙がります。

また、尿閉の副作用を改善するおくすりを併用するのも手です。
ベサコリン、ウブレチドなどの尿の排出を助けるおくすりが用いられることがあります。

?
Ⅱ.便秘、口渇(抗コリン作用)

抗コリン作用とは、アセチルコリンという物質の働きをブロックしてしまうことで生じる、
抗うつ剤の代表的な副作用です。

口渇や便秘が有名ですが、他にも
尿閉、顔面紅潮、めまい、悪心、眠気なども起こることがあります。

?

抗コリン作用は三環系(トフラニール、アナフラニール、トリプタノールなど)で多く認められ、
四環系(ルジオミール、テトラミドなど)でもまずまず認められます。

SSRIは三環系・四環系と比べると大分少なくなっていますが、全く出ないわけではありません。
パキシルやルボックス/デプロメールでは比較的多く、レクサプロとジェイゾロフトは少ないようです。

SNRI(ミルナシプラン、サインバルタ)も抗コリン作用は少なめです。

?

抗コリン作用が弱い抗うつ剤としては、 Nassa(リフレックス/レメロン)やドグマチールなどがあり、
これらはほとんど抗コリン作用を認めません。

抗コリン作用がつらい場合は、これらのお薬に変更するのも手になります。

?

抗コリン作用への対応策としては

抗コリン作用の少ない抗うつ剤に変更する(Nassaやドグマチールなど)
抗うつ剤の量を減らす
抗コリン作用を和らげるお薬を併用する

などの方法があります。
抗コリン作用を和らげるお薬として、

便秘がつらい場合は下剤(マグラックス、アローゼン、大建中湯など)、
口渇がつらい場合は漢方薬(白虎加人参湯など)、

などが用いられます。

?
Ⅲ.ふらつきやめまい(α1受容体遮断作用など)

これは抗うつ剤がα(アドレナリン)1受容体という部位を遮断し、
血圧を下げてしまうために起こる副作用です。

これも三環系や四環系で多く、SSRIでは大分軽減されています。

Nassaはα1受容体遮断作用は弱いのですが、抗ヒスタミン作用というものがあり、
これが眠気を引き起こすため、ふらつきめまいは少なくありません。

デジレルもα1受容体遮断作用は強くないものの、5HT(セロトニン)2A受容体という
神経興奮をさせる受容体を遮断するため、ふらつきやめまいを生じさせます。

SNRI(サインバルタ、ミルナシプラン)は、ノルアドレナリンに作用することで逆に
血圧を上げる働きもあるため、めまいやふらつきが起こる頻度は少ないようです。

?

ふらつき、めまいがつらい場合も、

ふらつき、めまいの少ない抗うつ剤に変更する
抗うつ剤の量を減らす
α1受容体遮断作用を和らげるお薬を試す

などの方法がとられます。

?

お薬としては昇圧剤(リズミック、メトリジンなど)が用いられることがありますが、
血圧を上げるお薬ですので、高血圧の方などは使用する際に注意が必要です。

これらはα1受容体を刺激することで血圧を上げます。

?
Ⅳ.眠気(抗ヒスタミン作用)

眠気はほとんどの抗うつ剤に起こりうる副作用です。
抗うつ剤は身体をリラックスさせますから、当然と言えば当然かもしれません。

?

中でも、「鎮静系抗うつ剤」と呼ばれるものは眠気が特に強く出ます。
Nassaや四環系、デジレルなどですね。
鎮静系抗うつ剤は眠気の強さを逆手にとって、睡眠薬として利用されることもあるほどです。

?

鎮静系ではないSSRIやSNRIは、眠気の頻度は少なめです。
パキシルとルボックス/デプロメールはやや多いですが、
ジェイゾロフトやレクサプロ、そしてミルナシプランやサインバルタの眠気は軽いことが多いです。

?

眠気への対処法としては、

眠気の少ない抗うつ剤(ジェイゾロフト、サインバルタ等)に変更する
抗うつ剤の量を減らす
睡眠環境を見直す

などがあります。

?
Ⅴ.不眠(セロトニン2刺激作用)

SSRIやSNRIは深部睡眠(深い眠り)を障害するため、不眠となる事があります。
ミルナシプランも例外ではなく、深部睡眠が障害される可能性があります。

SSRIには「眠気」と「不眠」両方の副作用があるので、不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。

これは「眠くなるけど、浅い眠りになってしまう」ということで、飲酒時の状態をイメージすると
分かりやすいと思います。

飲酒すると眠くなりますよね。でもお酒を飲みすぎた時って眠りは浅くなり、
夢をみたり早朝に起きてしまったりしやすくなります。
状態としては、これに似たようなイメージです。

?

この副作用はセロトニンに選択的に作用するSSRIやSNRIで多く認められ、
次いで三環系にも時々認められます。

反対に、四環系やデジレル、Nassaなどの鎮静系坑うつ剤は、
深部睡眠を促進するため、眠くはなるけど深い眠りを導いてくれます。
そのため、不眠はほぼ認めません。

?

不眠で困る場合は、服薬を朝食後などに変えると改善することがあります。

薬の量を減らせそうなら、減らすのも手です。

それでも改善が得られない場合は、鎮静系抗うつ剤に変えたり、
少量の鎮静系抗うつ剤を上乗せすると改善することもあります。

鎮静系抗うつ剤は深部睡眠を促進するため、不眠の副作用を打ち消してくれる可能性があるからです。

?
Ⅵ.性機能障害(セロトニン2A刺激作用、α1受容体遮断作用)

勃起障害や射精障害と言った性機能障害もSSRI、SNRIに多い副作用です。
この原因は詳しくは分かっていませんが、セロトニンが関与していると言われています。
また、α(アドレナリン)1受容体をブロックすることも関係していると考えられています。

デジレルでもやや多く認められます。
(デジレルの場合は持続勃起という、他の抗うつ剤には無い副作用にも注意しなければいけません)

三環系でも性機能障害は起こしますが、SSRI、SNRIほどではありません。
四環系やNassaは、性機能障害をほとんど起こしません。

?

ミルナシプランも性機能障害を起こす可能性はあります。
SSRI/SNRIの中では、パキシルそしてジェイゾロフトに特に多い印象がありますが、
その他のSSRI/SNRIでも可能性は十分ありえます。

?

性機能障害は、他人に相談しずらいので私たち医療者も見逃がしがちです。
こればかりは本人しか分からない事ですから。
でも、診察でよくよく話を聞いてみると、困っている方は少なくありません。

例えば、性機能障害で夫婦生活に溝ができてしまい、家庭の雰囲気がギスギスしている、
と相談されたこともありました。

これは重大な問題です。

家庭がリラックスできる状況でなければ、病気の治りが遅くなるのは明らかです。
相談しずらい内容ですが、困っているのであれば必ず主治医に必ず相談してください。
親身に相談に乗ってくれるはずです。

?

具体的な対処法としては、抗うつ剤の減量あるいは変薬になります。

?
Ⅶ.体重増加(抗ヒスタミン作用)

体重増加は眠気と同じく、主に抗ヒスタミン作用で生じるため、
眠気の多いお薬は体重も増えやすいと言えます。

Nassaに多く、三環系やパキシルもそれに続きます。
ミルナシプランはというと、体重増加は少ないおくすりです。

しかし抗うつ剤は長期間内服を続けるものですので、内服を継続しているうちに
徐々に太ってくるという可能性は十分あります。

運動や規則正しい食事などの生活習慣の改善で予防するのが一番ですが、
それでも十分な改善が得られない場合は、他剤に変更するもの手になります。

体重を上げにくいという面でいえば、ジェイゾロフトやサインバルタなどが候補に挙がりますが、
ミルナシプランがそもそも体重増加が少ないおくすりですので、変わらない可能性もあります。

?
Ⅷ.吐き気(セロトニン3刺激作用)

SSRIには吐き気や胃部不快感といった胃腸障害の副作用がつきものです。

これは、胃腸にもセロトニン受容体が存在するために起こる副作用です。
胃腸にはセロトニン3受容体が分布しており、抗うつ剤の内服によってこの受容体が刺激されることで、
吐き気が起きます。

SSRIやSNRIはすべて、この吐き気を高頻度で起こしえます。
ミルナシプランも例外ではなく、吐き気を起こす可能性は十分にあります。

「吐き気は起きるだろう」くらいの気持ちを持って内服を始めた方がいいかもしれません。

?

しかし吐き気の副作用は、長くは続きませんので安心してください。
1-2週間我慢すれば、ほとんどの場合で自然と改善します。

なので、「我慢する」ことが一番の対応策になります。

?

どうしてもつらい場合は、胃薬を併用しましょう。

ガスモチンやソロン、ムコスタなどの胃腸薬がよく使われます。

収まらない場合は、胃酸の分泌を抑えるお薬(H2ブロッカーやPPIなど)を一時的に使うこともありますが、
本来は抗うつ剤の副作用止めに使うお薬ではないので、使用するかは主治医とよく相談して下さい。

ミルナシプランはどんな抗うつ剤なの?

「ミルナシプラン」という言葉は、元々は抗うつ剤トレドミンの一般名を表す用語でしたが、最近ではジェネリックの名称としても使われています(一般名:国際的に決められた薬物の名前のこと)。

今は「ミルナシプラン」というとジェネリックを指していることがほとんどです。

ここではジェネリック医薬品である「ミルナシプラン」についての説明をしたいと思います。

ミルナシプランは、「トレドミン」という抗うつ剤のジェネリック医薬品です。
最近のジェネリック薬は「一般名+会社名」という名称になっている事がほとんどのため、
一般名である「ミルナシプラン」がおくすりの名前になっているのです。

これは、次々とジェネリック薬が発売されている現状で、
ジェネリック薬があまりに多くなりすぎて現場が混乱しているため、
名称を統一して混乱や投与ミスをなくすという狙いがあります。

ちなみに一般名というのは、国際的に決められたお薬の名前のことで、全世界でほぼ共通の名称です。

具体的には、

ミルナシプラン「日医工」
ミルナシプラン「NP」
ミルナシプラン「サワイ」

など、多くのジェネリックがあります。
どれもトレドミンのジェネリックであり、効果や副作用もトレドミンと同等です。

?

ミルナシプランはSNRIと呼ばれるタイプの抗うつ剤です。

SNRIは「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」のことで、
セロトニンとノルアドレナリンの両方を増やすことで抗うつ効果を発揮します。

セロトニンは落ち込みを改善させ、ノルアドレナリンはやる気を改善させると考えられており、
ミルナシプランはこの両方に効果があります。

?

ミルナシプランの抗うつ剤としての特徴は、

効果は弱く、穏やかに効く
意欲改善効果に優れる
副作用が少なく、安全性が高い
痛みを改善させる効果がある

という点が挙げられます。

?

ちなみにSNRIは、他にもサインバルタがありますが
ミルナシプランとサインバルタは特徴がだいぶ異なります。

ミルナシプランは「緩やかな効果で、副作用も軽め」というイメージですが、
サインバルタは「効果は強めだけど、副作用もやや多め」というイメージです。

また、同じSNRIではあってもセロトニンとノルアドレナリンそれぞれの再取り込み比率や
再取り込みの力が異なります。

全体的に見てもサインバルタの方が圧倒的に再取り込みの力が強いのが分かります。
また、サインバルタはセロトニンに対する作用の方が強いですが、
ミルナシプランはノルアドレナリンに対する作用の方が強いようです。