パキシル内服中に飲酒したくなったら

抗うつ剤の内服中のお酒を飲んではいけないことは分かった。
でも、どうしても飲みたい・・・
あるいは、職場で飲まなきゃいけない状況にある・・・

こんな場合、どう対処したらいいでしょうか?

1.我慢

身も蓋もない言い方ですが、やはり「我慢」が基本になります。
お酒を我慢することで病気は早く治ります。

あなたの病気が治ることで喜んでくれる人がたくさんいるはずです。
その人たちのためにも、早く治したいですよね。

頑張って我慢しましょう!
2.抗酒剤を使う

あまり知られていないのですが、抗酒剤というものがあります。
これは、「お酒を飲めなくするお薬」です。

いくつか種類があるので紹介します。
ノックビン、シアナマイド

昔からある抗酒剤です。

ノックビンやシアナマイドを飲んでからお酒を飲むと、
少量の飲酒で顔面紅潮、血圧低下、心悸亢進、呼吸困難、頭痛、悪心、嘔吐、めまいなどが
生じるようになります。

これらのお薬はアルコールを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素を阻害することで、
アルコールを分解しにくくし、少量のアルコールで体がまいってしまうようにするのです。

懲罰的な方法ですが、飲酒する自分を自制したいんだけど、つい欲求に負けてしまう、と
いう人には効果があります。

これらの薬を服用してしまえば、お酒を少し飲んだだけで不快症状が出現しますから、
実質、お酒を飲めなくなります。

レグテクト

中枢神経のNMDA受容体を阻害したり、GABA-A受容体を刺激することで
「飲酒欲求を抑える」と言われているお薬です。

ノックビンやシアナマイドのように懲罰的に飲めなくするのではなく、
「飲酒したい気持ちが少なくなる」というものです。

まだ発売されてから浅いため、データの蓄積が少ないお薬ですが、
効果は強くはないと感じます。

「あともうひと押しがあれば、お酒を我慢できるんだけど・・・」
といった方にはいい適応かもしれません。

3.ドクターストップだと言う

病名などは言いずらいかもしれませんが、
「医師から飲酒を止められている」と言ってしまいましょう。

医者のせいにすることで、あなたが責められる可能性を少なくできます。

残念なことに、お酒を飲まないと「付き合いが悪いやつだなぁ」と
嫌味を言ってくる人が未だにいます。

そんな時は、自分のせいではなく医者のせいで飲めないんだ
と責任を医師になすりつけちゃって構いません。

「次、お酒を飲んだら出勤停止ですよ、って医師から脅されてるんです」

くらい言っちゃっても、私が主治医なら全然許します。
ここまで言えば、たいていの人は無理に勧めてこないでしょう。

無理して飲ませてしまったら、その人のせいで出勤停止になります。
お酒を勧めた人は「医師の治療を故意に妨害した」と判断されます。

会社の産業医体制がしっかりしているのであれば、
産業医にも事前に相談しておくと、より安心です。
4.周囲の協力にしてもらう

飲酒を我慢するのは、自分の意志との戦いになります。
でも、人間一人の意志というのは弱いものです。
自分の意志だけで折れそうな時は、周囲にも協力してもらいましょう。

例えば私の患者さんで、夫がうつ病になって抗うつ剤を内服したのを機に
奥さんも飲酒をやめた、という家庭がありました。

この夫婦は二人そろってお酒好きで、毎晩二人で晩酌するのが
楽しみだったそうです。

そんな中、夫がうつ病になってしまい、抗うつ剤が始まったので
飲酒ができなくなりました。

妻は飲酒できますが、夫の前で飲酒をしちゃったらあまりに酷だと思ったそうで、
夫が治るまで一緒にお酒を我慢することを決めたそうです。

妻がお酒が大好きなことを知っている夫は、妻のこの行動にとても心を打たれ、
それが断酒を続ける大きな力になったそうです。

「一日でも早く治して、妻とまたお酒を飲みたいですね」
そうおっしゃっていた彼は、順調に改善し、今では通院終了となっています。
きっと奥様とおいしいお酒を飲まれていることでしょう。

周囲の協力って、とても大きいですよ。
5.どうしても、という時はお酒と抗うつ剤のピークをずらすこと

これは本当にやむを得ない場合の方法です。

飲酒をしないことが原則なんですが、本当にどうしてもやむを得ない事情があって
お酒を飲まなくてはいけなくなった場合の話です。

できれば飲酒してほしくないのですが、どうしてもやむを得ない場合、
まずは可能な限り少量の飲酒となるよう努めてください。

そして、焼石に水程度の工夫ですが、抗うつ剤の血中濃度のピークとお酒の血中濃度のピークの時間を
出来る限り離すようにしてください。

パキシルは内服後4-5時間で血中濃度がピークになります。
お酒は飲む量にもよりますが、飲酒後30分から2時間くらいがピークです。

ここから計算して、お互いの血中濃度のピークをなるべく離してください。
ピークが離れれば離れるほど、相互作用の影響はまだ小さくなります。
(それでも0にはなりませんが・・・)

例えば、夜20時から飲み会をする予定であれば、
アルコールの血中濃度のピークは21-23時ごろと予測できます。

となるとパキシルのピークが朝9-11時ごろにくるようにすれば理論上は
被害を少なくできます。

パキシルとお酒を併用したらどうなる?

抗うつ剤とお酒を併用することはデメリットの方が多く、
「抗うつ剤の内服中はお酒を飲まないように!」と私たちは患者さんに指導します。

しかし困ったことに、こっそりアルコールを摂取してしまう人は後を絶ちません。

元々お酒が大好きで、どうしても我慢できなかったという人から、
仕事の接待でどうしても飲まざるを得なかったという人まで理由は様々ですが、
併用してしまうケースは少なくないのが現状です。

そういえば昔、仕事帰りにバーに立ち寄ったら、患者さんがお酒をがぶがぶ飲んでいる現場に遭遇し、
お互い苦笑いしてしまった、なんてことがありました・・・。
(診察時に「先生、こないだはごめんなさい・・・」と謝ってくれましたが)

では、パキシル内服中にお酒を飲むと、実際どうなってしまうのでしょうか。

他の抗うつ剤であれば、ちょっとの量であれば「その場は」大きな問題にならないこともありますが、
パキシルの場合は、翌朝の体調が悪くなることが多いです。

だるさや吐き気などの身体症状のみならず、落ち込みや胸のソワソワ感が出たりもします。

パキシルの効果が不安定になるだけでなく、お酒の抜けも悪くなりますので、
1-2日間くらいはこの症状が続くことが多いです。
たくさんのアルコールを摂取してしまうと、更に症状はひどくなります。

朝起きれずに翌日の仕事を欠勤してしまったり、
翌日に、強い抑うつ状態や疲労感に襲われたりします。

抗うつ剤の内服中に飲酒をすると、

「いつもよりお酒がまわりやすくなる」
「翌日に気分の落ち込みや疲労感が強くなりやすい」

というのが、飲酒を白状してくれた患者さんのお話から感じる印象で、とりわけパキシルでは
このような症状が強く起こりやすい傾向があるようです。

命に関わるような大問題にまでなることはないものの、あまり好ましくない結果になります。
一時の快楽を得るために、その後につらい思いをすることになりますので、
できる限り飲酒は控えるようにしたいものです。

また、忘れてはいけないのが、お酒を飲んで抗うつ剤の血中濃度を不安定にしているという事は、
抗うつ剤の効きを悪くしているということ。

つまり、「飲酒をすればするほど、病気の治りが悪くなる」という認識を持たなければいけませn。

あなたが抗うつ剤を飲んでいる理由はなんでしょうか?
一刻も早く、病気を治したいからではないでしょうか?

お酒を飲むということは、それを自らの手で遅らせているということ。
どうしても飲酒をするのであれば、これを理解した上でしてください。

支えてくれる家族のため、
協力してくれている同僚のため、
そして何よりも自分のため

「一日でも早く病気を治すこと」
それが今、あなたがしなくてはいけない一番のことではないでしょうか。

不要な飲酒を続ければ、抗うつ剤が効きずらい期間が続きます。
それはいつまでも病気が治らない期間を自ら作っているということです。

本当にそれでいいのでしょうか?

一時の快楽に流されるのではなく、これらのことをしっかりと考えて
本当に飲酒していいのかどうか、決めてください。

あともう一つ。
お酒を飲んだら、ほとんどの人は医師に隠そうとします。

しかし実を言うと、医師に隠すメリットはほとんどありません。
私は飲んでしまったのなら正直に言ってほしいと思ってますし、
これは恐らく他の医師も同じなのではないかと思います。

「先生が怒るだろうし」「もう診察してもらえなくなるかも」と
怖がる人もいると思いますが、
実は正直に白状する方がメリットが大きいのです。

飲酒をしていて、うつ病の治りが悪い場合と飲酒をしていないのにうつ病の治りが悪い場合では、
治療の方針が変わってきます。

飲酒をしていれば、抗うつ剤の効きが不安定になっていることが予想できるので、
治りが悪いのは当然の結果と言えます。

飲酒を続ける限りは、別の抗うつ剤に変えても効果が乏しいと思われますし、
抗うつ剤の量を増やしても、より血中濃度が不安定になり、更に悪化する可能性もあります。

しかし、飲酒をしていないけど抗うつ剤があまり効いていないのであれば、
別の抗うつ剤に変えたり、お薬の量を増やしたりした方がいいかもしれません。

?

本当はお酒を飲んでいるのに「お酒は飲んでいない」と言われたらどうなるでしょう。
医師の治療の判断が曇ってしまいますよね。

「お酒は飲んでない」という言葉を信じて増薬したら、より血中濃度が不安定になり、
より経過が悪くなってしまいます。

こうなると治療が迷走してしまうし、あなたの治療予後も悪くしてしまう可能性があります。

飲酒は正直に白状してください。
もちろん、飲酒しないのが一番ですけどね。

パキシルとアルコールの相互作用

パキシルの添付文書を見てみましょう。
アルコールとの相作用についてはこのように記載があります。

「本剤(パキシル)投与中は、飲酒を避けることが望ましい。
本剤との相互作用は認められていないが、他の抗うつ剤で作用の増強が報告されている」

「絶対にダメ」とは明記されていませんが、「なるべく飲まないでね」という内容です。

ちなみに「相互作用は認められていない」という記載は「相互作用がない」という意味ではなく、
「そういった実験はしていない(できない)から報告はない」という意味でしょう。

被験者にパキシルとアルコールを一緒に飲ませてみました、なんて実験は
なかなかできませんよね、倫理的に。

抗うつ剤とアルコールは相互に作用し合い、お互いの効果を不安定にしてしまう傾向があります。
もちろんパキシルに関しても同じです。

アルコールは代謝酵素の活性を不安定にすることが知られています。
抗うつ剤をうまく代謝できなくなるため、血中濃度が不安定になります。

抗うつ剤には、ちょうどよく効く血中濃度(=至適濃度)というものがあります。
アルコールが入ると、抗うつ剤の血中濃度が不安定になるため薬物の至適濃度を
保てなくなる可能性が高くなります。

その結果、
抗うつ効果が弱めり経過が悪くなったり、反対に強まって興奮・不穏状態にしてしまったりします。

また、抗うつ剤の代謝がうまくいかないと、それがアルコールにも相互作用しますから、
お酒の血中濃度が高まって泥酔状態にしてしまったり、少しの飲酒量で二日酔いになったりもします。

このような様々な弊害が出るのです。

特にパキシルは、離脱症状の多さからも分かるように、
他の抗うつ剤と比べても血中濃度の増減により症状が出やすいお薬です。

とりわけアルコールによる弊害が出やすいため、より厳重に考えなければいけません。

抗うつ剤とお酒を併用すると、互いの血中濃度を不安定にしてしまう。
そのため、基本的には併用しない方が望ましい。

とりわけにパキシルは、血中濃度が不安定になると様々な症状が出やすいのでより注意が必要。

と言えます。

パキシルの離脱症状の対処法

パキシルの離脱症状に出会うケースは主に2パターンあります。

それは、

自分の判断で勝手にパキシルをやめて生じた
医師の指示のもと減薬していて生じた

の二つです。

1.の場合は原因・対処ともに明らかです。パキシルの内服を再開するしかありません。

減薬・中断すると、だいたい1~2日後くらいから離脱症状が出現してきます。
特に高用量(40mg,50mgなど)からいきなり中止(0mg)した際は反動が大きいため、
離脱症状も強く起こりやすくなります。

早く抗うつ剤を辞めたい気持ちは良く分かりますが、自己判断で中断せず、必ず主治医と相談の上で減薬や中断はしていきましょう。

時々、2.のように医師の指示のもと減薬をしていたのに離脱症状が起こってしまうこともあります。

この場合は、どのように対処すればいいでしょうか。よく取られる対処法を紹介します。

なおこれらは独断では行わず、必ず主治医と相談の上で行ってください。

Ⅰ.減薬を延期する

急いで減薬しなくてもいいのであれば、少し様子をみてから、数か月後に減薬を再挑戦してみるとうまくいくことがあります。

離脱症状は、疾患が治りきってない時に無理して減薬すると 起きやすい印象があります。病気が治りきってないということは、
まだまだ自分の体だけでセロトニンを出す力が不十分だということです。

この時に無理にパキシルを減らしてしまうと反動も出やすくなり離脱症状も起きやすくなるのです。

より病気が改善して、自分が体が自力でセロトニンを出す力が戻ってから減薬すれば、離脱症状は起きにくくなります。

Ⅱ.減薬ペースを落とす

離脱症状の対処法の基本となるのが、この「減薬ペースを落とすこと」です。

私たちの身体は急激な変化に弱いという特徴があります。なので、可能な限り緩やかに減らすことが、離脱症状対策の鉄則です。

早く抗うつ剤をやめたい気持ちはとても良く分かりますが、少しずつ確実に減らしていきましょう。その方が、結果的に早く薬をやめられます。

減薬量を緩やかにする工夫として、例えばパキシル20mgを内服していて 10mgに減薬したときに離脱症状が出てしまったのなら、
一旦15mgにしてから数週間様子をみて、慣れてから10mgへの減薬に再挑戦してみましょう。

それでも離脱症状が起こってしまうようなら、17.5mgで再挑戦します。

細かく刻めば刻むほど、反動は小さくなります。

こうすると減薬に時間がかかるというデメリットもありますが、上手く減薬できないまま四苦八苦を続けるより、
地道に少しずつ減らした方が結果的には早く減薬できるものです。

また、減薬のペースも大切です。

一般的には2週間に1度のペースで減らしていくのがいいとされてますが、そのペースで離脱症状が出てしまう時は、1か月に1回のペースで減らしてみましょう。

これも緩やかにすればするほど、離脱症状は生じにくくなります。

Ⅲ.抗うつ剤の種類を変えてみる

緩やかに減薬しても離脱症状が出てしまう。

このような場合んいは、抗うつ剤の種類を変えるという方法もあります。

パキシルから変薬する場合、まず候補に上がるのが「パキシルCR」です。

パキシルCRは「パキシルの改良版」です。CRとはControlled Releaseの略で、日本語で言うと「徐放」になります。
これは、ゆっくりと体内に吸収されるように作られた、パキシルということです。

パキシルCRは、パキシルの効果がゆっくり長く効くように改良されたものなのです。
反動が小さくなるように設計されているので、離脱症状も少なくなります。

まずは同程度のパキシルCRに変え、数週間様子をみてから減薬してみましょう。
ちなみにパキシル10mg相当量がパキシルCRでは12.5mgになります。パキシル20mgをCRに変えるなら、パキシルCR25mgということになります。

パキシルからパキシルCRに変え、減薬することで上手く行くことは少なからずあります。

また、他の離脱症状を起こしにくいSSRIに切り替えるのも手です。
ジェイゾロフトやルボックス、レクサプロなど、パキシル以外のSSRIはいずれもパキシルよりは離脱症状が生じる頻度は少なめです。
どの薬に変えるかは主治医と慎重に相談して決めるべきですが、離脱症状の少なさだけでいうとジェイゾロフトが候補に挙がりやすいでしょう。

同じく、切り替え数週間身体に慣らしてから減薬します。

5.離脱症状と再発を混同しないこと

抗うつ剤で離脱症状が出現すると、

「病気が再発してしまった・・・」
「私は一生薬をやめれないんだ・・・」

と落ち込んでしまう方がいます。

しかし、「離脱症状」と「病気の再発」は全くの別物です。ここを誤解してはいけません。

離脱症状は「抗うつ剤の血中濃度が急に下がった」ために生じただけで、別に病気が再発したわけではないのです。

離脱症状は副作用の一つであって、病気の再発ではない。

このように正しく認識し、不必要に落ち込まないようにしてくださいね。

・離脱症状は、抗うつ剤の血中濃度が急に変化したことにからだが対応できない結果生じる

・離脱症状はSSRI、SNRIに多く認められ、三環系でも時折認められる。

・パキシルは離脱症状の多い抗うつ剤であり、減薬の際は特に気をつける必要がある

・離脱症状は「効果の強い」「半減期の短い」抗うつ剤で多い。

・離脱症状は、内服の自己中断が原因なら、内服を再開することで改善する。

・減薬の過程で離脱症状が出現した際は、減薬を延期したり、減薬ペースを緩めたり、 他剤に切り替えるなどの方法を取ることで対処できる

・離脱症状は副作用であり、病気が再発・悪化して出現しているわけではない。

パキシルの離脱症状 他抗うつ剤との比較

離脱症状は主にSSRI、SNRIに多く認められ、三環系抗うつ剤でも認められます。その他の抗うつ剤ではほとんど認められません。

出現する頻度は薬剤によって差がありますが、軽度なものも含めると、 約20%程度の頻度で生じると言われています。

離脱症状は、抗うつ剤の中でも「効果の強いお薬」に多くみられます。効果の強いお薬の方が、減った時の反動が大きいためです。

また半減期(お薬の血中濃度が半分になるまでの時間。お薬の作用時間の1つの目安になる値)が短いほど、離脱症状が起きやすいと言われています。

半減期が長いとお薬が長く身体に残るため血中濃度は緩やかに変動しますが、

半減期が短いとお薬がすぐに抜けてしまうということなので血中濃度は急激に変動します。

お薬の血中濃度が変動しやすいと、離脱症状も起きやすくなるのです。

「効果が強い」「半減期の短い」SSRIやSNRI。 これが離脱症状を起こしやすいお薬ということになります。

これに当てはまるのがパキシルです。実際にパキシルの離脱症状は他のSSRI/SNRIよりも群を抜いて多く、程度も強いことが知られています。

その他のSSRI(ジェイゾロフト、ルボックス/デプロメール、レクサプロ)、三環系抗うつ剤も離脱症状は起こしますが、その頻度は多くはありません。

パキシルの離脱症状はどうして起こるのか

離脱症状は、 抗うつ剤の血中濃度の急な低下に身体が対応しきれず、自律神経のバランスが崩れた結果、生じると考えられています。
セロトニンの急激な低下が関係していることは間違いありませんが、その詳細な機序はいまだ不明なところもあります。

ある程度の期間、抗うつ剤の内服を継続していると、身体は 「毎日抗うつ剤は入ってくるもの」と認識し、

それに基づいて身体の様々な機能を調整するようになります。

それが、ある日突然入ってこない、あるいは入ってくる量が予想外に少ない、となると身体はパニック状態になります。

当然入ってくると思っていたものが入ってこないわけだから、心身の機能の調整がうまくできなくなります。

その結果、様々な自律神経症状が体に現れ、耳鳴り、めまい、しびれ、頭痛などが生じます。

これが離脱症状の正体です。

私たちの体は急激な変化に弱いのです。そのため変化をさせたい場合は急激にではなく、徐々に変えていかないといけません。

離脱症状の起こりやすさは、

個々人の体の代謝能力
抗うつ剤の半減期(半減期が長いほど起こしにくい)
抗うつ剤の強さ(強いほど起こしやすい)

などが関係すると言われています。

パキシルの離脱症状

 

抗うつ剤を減らした際に生じる様々な症状を一般的に「離脱症状」と呼びますが、
実は「離脱症状」という言葉は専門用語ではありません。
医学的には「中断症候群」「SSRI中断症候群」というのが正しい呼び名で、「離脱症状」と呼ぶことはありません。

なぜ「離脱」という言葉を使わないのか、これはおそらく一般的な「離脱」という言葉からイメージされる「依存」や「中毒」などと、
区別したいためだと思われます。

抗うつ剤の離脱症状は依存や中毒で生じるわけではなく、あくまでも血中濃度の急な低下で生じる「副作用」なのです。

なので、正確に言えば「中断症候群は・・・」と書くべきだとは思いますが、

一般的には「離脱症状」という呼び名が通ってますので、ここでは分かりやすさを重視して、「離脱症状」で説明させて頂きます。

冒頭で書いた通り、ネットでは「シャンビリ」という呼び名もあります。

これは耳鳴りが「シャンシャン」鳴り、 手足が「ビリビリ」痺れる症状からつけられてます。

とてもよく、離脱症状を表している言葉だと感じます。

離脱症状に特徴的な症状としては、

耳鳴り
しびれ(電気が走るような感じ)
めまい
発汗
吐き気
震え
ソワソワ感

などがあります。

また離脱症状は、

SSRI(パキシル、ジェイゾロフト、ルボックス、レクサプロなど)
SNRI(トレドミン、サインバルタなど)
三環系抗うつ剤(トフラニール、アナフラニール、トリプタノール、ノリトレン、アモキサンなど)

で認められ、特にSSRIに多く、三環系は少なくなります。その他の抗うつ剤ではほとんど認められません。

パキシルの特徴

パキシル(一般名:パロキセチン塩酸塩)は、2000年から発売されている抗うつ剤です。

「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」という種類に属し、主に神経間の「セロトニン」という物質を増やすことで、落ち込み・不安といった症状を改善させてくれます。

パキシルは良くも悪くも「キレのある」薬です。鋭く効くようなイメージを持って頂くと分かりやすいかもしれません。
続きを読む パキシルの特徴

パキシルの使い方

パキシルはどのように使っていく抗うつ剤なのでしょうか。

もちろんその使い方は患者さんの症状の程度によって異なりますが、典型的な使い方をここでは紹介します。

まずパキシルの添付文書には「用法・用量」として次のように書かれています(うつ病、うつ状態の用法・用量になります)。
続きを読む パキシルの使い方

パキシル減薬時の注意 ~離脱症状

抗うつ剤を服用中の方は、「離脱症状」について知っておかなければいけません。

ほとんどの抗うつ剤は、急激に減薬したり断薬をすると「離脱症状」が生じる事があります。

これは抗うつ剤の血中濃度が急激に低下していく事に身体が対応できずに生じる反応で、患者の間では「シャンビリ」とも呼ばれています。

これは耳鳴りが「シャンシャン」と鳴り、手足が「ビリビリ」痺れることから付けられた名称であり、離脱症状の特徴を良く表しています。

抗うつ剤を服用して調子が良くなってきた方が、「もう飲むのを止めてもいいだろう」と
自分の判断で服用を急に中止してしまうと離脱症状が生じてしまう事があります。

離脱症状の事を知らないと、突然耳鳴りやしびれが生じるためとても驚きます。

「何か病気にかかってしまったのではないか」「また病気が再発してしまったのではないか」と考えてしまったり、

「自分は一生薬をやめられないんだ・・・」と落ち込んでしまう方もいます。

しかしこれらの考えはいずれもあやまりです。

離脱症状は抗うつ剤の血中濃度が急激に低下したために生じているだけで、病気が再発したわけでもないし薬を一生止められないわけでもありません。
続きを読む パキシル減薬時の注意 ~離脱症状

パキシルの副作用 セロトニン症候群・賦活症候群

頻度は稀ですが、セロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤は、副作用として「セロトニン症候群」が生じる事があります。

セロトニン症候群は身体のセロトニン濃度が急激に上昇する事で生じます。
特に薬の服用を始めたばかりの時に最も生じやすい傾向があります。
続きを読む パキシルの副作用 セロトニン症候群・賦活症候群

パキシルの副作用 ふらつき・めまい 眠気

パキシルでは、めまいやふらつきといった副作用が生じる事もあります。
これはパキシルがα(アドレナリン)1受容体という部位をブロックし、血圧を下げてしまうために起こります。

ふらつきやめまいが強いと、転倒して打撲や骨折につながったり、事故につながる事もありますので気を付けないといけません。

パキシルでふらつきやめまいが生じてしまった際は、
続きを読む パキシルの副作用 ふらつき・めまい 眠気