ルボックスで見られる副作用

ルボックスは、1999年より発売されたSSRIというタイプの抗うつ剤です。

世界で初めてのSSRIであり、発売時は大きな注目と期待を浴びました。

その後に次々と発売された新しいSSRIと比べると副作用がやや多いところはありますが、現在でもまだ処方される抗うつ剤です。
続きを読む ルボックスで見られる副作用

ルボックスの減薬・断薬の注意点

ルボックスを減薬・断薬するときには慎重に行わないとといけません。

大前提として、自分の判断での勝手な減薬や中止は絶対にしてはいけません。
ルボックスの離脱症状が出てしまうのは大半が自己減薬・自己中断です。
必ず主治医と相談して、指示に従った減薬をしてください。
続きを読む ルボックスの減薬・断薬の注意点

ルボックスの減薬や断薬で起こる離脱症状について

抗うつ剤の減薬や断薬は注意が必要です。特にSSRIなどの抗うつ剤は、無理な減薬をすると「離脱症状」を起こしやすくなります。

医師に相談せず、自分で勝手に減らしてしまい、離脱症状で苦しむケースは後を絶ちません。

どんなくすりも、自分の判断で勝手に減らしたり止めたりしてはいけません。必ず主治医と相談し、専門家の判断に従うことが大切です。
続きを読む ルボックスの減薬や断薬で起こる離脱症状について

ルボックス どうしても飲酒したくなったら

抗うつ剤とお酒を一緒に飲んではいけないことは分かった。
でも、どうしても我慢できない・・・
あるいは、どうしてもお酒を断れない接待がある・・・

こんな場合、どう対処したらいいでしょうか?
続きを読む ルボックス どうしても飲酒したくなったら

ルボックスと酒を実際に併用したらどうなる?

抗うつ剤とお酒を併用することのデメリットは大きく、
医師が「抗うつ剤を飲んでいる間はお酒を飲まないように!」と患者に指導します。

しかし困ったことに、こっそり飲んでしまう人は少なくないのが現状です。
続きを読む ルボックスと酒を実際に併用したらどうなる?

ルボックスと酒・アルコールの相互作用について

抗うつ剤を飲みながら、酒やアルコールを飲んでいいのか?

しかし、 結論から言ってしまうと、抗うつ剤とアルコールは併用すべきではありません。

ルボックスも同じく、酒・アルコールとの併用は勧められていません。
続きを読む ルボックスと酒・アルコールの相互作用について

ルボックスとカフェインの併用はしていいのか?

では実際にルボックスとカフェインを併用した人たちは、どんな様子なのでしょうか?
カフェインを含んだ飲み物と言えば、コーヒーやコーラなどですね。

私の臨床での実感としては、ルボックスを服用中の患者がコーヒーやコーラを飲んだからと言って
体調を崩したり、ルボックスの効きが悪くなったりといったことは、ほぼ起きないように感じます。
続きを読む ルボックスとカフェインの併用はしていいのか?

薬理的なルボックスとカフェインの相互作用

ルボックスは、様々な物質との相互作用に注意をすべき薬です。
それは、他のSSRIより多くの代謝酵素(物質などを分解する酵素)の働きを阻害してしまうからです。

ルボックスはSSRIのなかでは一番古い薬なので、
最近の新しいSSRIと比べるとどうしても作りが荒く、余計なところへの作用が多いのです。
続きを読む 薬理的なルボックスとカフェインの相互作用

ルボックスとカフェイン 製薬会社からの発表では?

「ルボックスとカフェインは相性が悪い」
「同時に摂取するとカフェインの体内量が5倍になる」

こんなウワサがあるようです。

ネットにこのようなことが書いてあり、不安になってしまった患者います。

これは本当なのでしょうか?
続きを読む ルボックスとカフェイン 製薬会社からの発表では?

ルボックス 離脱症状の対処法

ルボックスでの離脱症状に遭遇するケースは主に2つあります。

自分の判断で勝手にルボックスをやめて生じた
医師の指示のもと減薬していたのに生じた

1.が圧倒的に頻度としては多いです。
そして1.の場合は原因・対処法ともに明らかです。

内服を再開するしかありません。
続きを読む ルボックス 離脱症状の対処法

ルボックス 他の抗うつ剤との離脱症状の比較

離脱症状は主にSSRI、SNRIに多く認められ、三環系抗うつ剤でも認められます。
その他の抗うつ剤ではあまり認められません。

出現する頻度は薬剤によって差がありますが、
軽度なものも含めると、 約20%の頻度で生じると言われています。
続きを読む ルボックス 他の抗うつ剤との離脱症状の比較