デプロメール 他の抗うつ剤との吐き気の比較 吐き気の対処法

吐き気は、SSRI/SNRIで多く見られます。
SSRIやSNRIはセロトニンを選択的に増やすお薬だからです。

SSRI:ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロなど
SNRI:サインバルタ、トレドミンなど

頻度としては軽いものも含めれば30-40%くらいと言われています。
少なくはない頻度ですので、「吐き気は起こるだろう」くらいに考えておいた方が無難かもしれませんね。
続きを読む デプロメール 他の抗うつ剤との吐き気の比較 吐き気の対処法

デプロメールで吐き気が起きる理由

デプロメールを飲むと、吐き気が生じることがあります。これはSSRI/SNRIと呼ばれる抗うつ剤に多い副作用です(デプロメールはSSRIに属します)。

SSRI/SNRIの中でも一番最初に作られたデプロメールは吐き気の副作用が他の薬より多めであるため、注意が必要です。

ちなみに吐き気は、内服初期(=飲み始め)に多いことが知られています。

なぜ、デプロメールを飲むと吐き気が生じるのでしょうか。また、吐き気への良い対処法はあるのでしょうか?
続きを読む デプロメールで吐き気が起きる理由

デプロメールと酒 どうしても飲酒したくなったら

抗うつ剤の内服中のお酒を飲んではいけないことは分かった。
でも、どうしても飲みたい・・・
あるいは、職場で飲まなきゃいけない状況にある・・・

こんな場合、どう対処したらいいでしょうか?
続きを読む デプロメールと酒 どうしても飲酒したくなったら

デプロメールと酒・アルコールの併用実例

このように、抗うつ剤とお酒を併用することはデメリットの方が多く、
「抗うつ剤の内服中はお酒を飲まないように!」と私たちは患者さんに必ず指導します。

しかし困ったことに、こっそりアルコールを摂取してしまう人は少なくないのが現状です。
続きを読む デプロメールと酒・アルコールの併用実例

デプロメールと酒・アルコールの相互作用について

抗うつ剤内服中に酒・アルコールは飲めるのか。これはよく患者さんから頂く質問です。どうしても飲みたいという方、
接待や付き合いで立場上飲まざるを得ない方、様々な方がいると思います。

しかし、 結論から言ってしまうと「抗うつ剤とアルコールは併用すべきでない」が答えになります。
続きを読む デプロメールと酒・アルコールの相互作用について

デプロメールの減薬・断薬の注意点

デプロメールを減薬・断薬するときには慎重に行わないとといけません。

大前提として、自分の判断での勝手な減薬や中止は絶対にしてはいけません。
必ず医師と相談して、医師の指示に従って減薬してください。

自分で勝手に減らして離脱症状に苦しむ方って本当に多いんです・・・。
続きを読む デプロメールの減薬・断薬の注意点

デプロメール減薬・断薬で起こる離脱症状について

抗うつ剤を減薬・断薬する時は注意が必要です。

特にSSRIと呼ばれる抗うつ剤は、無理に減らすとしびれ、耳鳴り、めまい、ふらつき、ソワソワ感など「離脱症状」を起こす事があります。
医師に相談せず、自分で勝手に減らしてしまい、離脱症状で苦しむケースは後を絶ちません。
続きを読む デプロメール減薬・断薬で起こる離脱症状について

デプロメール ジェネリック医薬品の効能は本当に先発品と同じなのか

フルボキサミンは、先発品である「ルボックス」「デプロメール」のジェネリック医薬品になります。

安価なジェネリック医薬品があるのは嬉しい事ですが、
一方で「ジェネリック医薬品は本当に先発品と同じ効果なの?」と心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
続きを読む デプロメール ジェネリック医薬品の効能は本当に先発品と同じなのか

デプロメール フルボキサミンが向いている人は?

フルボキサミンの特徴をおさらいしてみましょう。

高用量まで使える
細かい用量設定が可能

フルボキサミンのこのような特徴から考えると、

「高用量のSSRIが必要となりそうな方」

に使いたい抗うつ剤であると言えます。
続きを読む デプロメール フルボキサミンが向いている人は?

デプロメール フルボキサミンの作用機序

フルボキサミンはどのような作用を持っているお薬なのでしょうか。

フルボキサミンはSSRIと呼ばれるタイプの抗うつ剤です。SSRIは「Selective Serotonin Reuptake Inhibitor」の略で、

日本語に訳すと「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という意味になります。
続きを読む デプロメール フルボキサミンの作用機序

デプロメール フルボキサミンマレイン酸塩という名前の意味

フルボキサミンマレイン酸塩は「ルボックス」「デプロメール」という抗うつ剤のジェネリック医薬品です。

ではこのフルボキサミンマレイン酸塩という名称は、元々どんな意味があるのでしょう。

これは「ルボックス」「デプロメール」の一般名になります。全ての医薬品には、それぞれ「一般名」と「商品名」があります。
続きを読む デプロメール フルボキサミンマレイン酸塩という名前の意味

デプロメール のジェネリック医薬品

フルボキサミンマレイン酸塩(通称:フルボキサミン)は、1999年に発売された「デプロメール」「ルボックス」という抗うつ剤のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品というのは先発品(一番最初に発売されたお薬)の特許が切れた後に、別の製薬会社が先発品と同じ主成分を元に作った薬の事です。
続きを読む デプロメール のジェネリック医薬品