ノリトレンの適応疾患

ノリトレンはどのような疾患に用いられるのでしょうか。

ノリトレンの添付文書を読むと、

精神科領域におけるうつ病およびうつ状態(内因性うつ病、反応性うつ病、退行期うつ病、神経症性うつ状態、脳器質性精神障害のうつ状態)

に適応があると記載があります。
続きを読む ノリトレンの適応疾患

ノリトレンの作用機序

ノリトレンは「三環系抗うつ剤」と呼ばれるタイプの抗うつ剤です。

三環系抗うつ剤は、脳のモノアミンを増やすことで抗うつ効果を発揮します。
具体的に言うと、モノアミンの再取り込み(吸収)を抑える事で濃度を上げます。
三環系抗うつ剤が、モノアミンが吸収・分解させないようにはたらくため、脳内のモノアミン濃度が上昇し、気分の改善が得られるのです。
続きを読む ノリトレンの作用機序

ノリトレンの特徴

ノリトレン(一般名:ノルトリプチリン)は1971年に発売された抗うつ剤で、三環系という古いタイプの抗うつ剤に属します。

現在では、SSRI・SNRIやNassaなどといった新しい抗うつ剤が主に使われるため、ノリトレンなどの三環系抗うつ剤の出番は少なくなっています。
続きを読む ノリトレンの特徴

アモキサン 他の抗うつ剤との比較

抗うつ剤の中で、眠気が強力なのものを「鎮静系抗うつ剤」と呼びます。

リフレックス/レメロンといったNassa(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)、
テトラミドやルジオミールといった四環系抗うつ剤、デジレルなどがこれに入ります。
続きを読む アモキサン 他の抗うつ剤との比較

アモキサンで眠気が生じるのはなぜ?

抗うつ剤はしばしば眠気を引き起こします。

アモキサンも眠気を起こすことは珍しくなく、しばしば認められます。
耐えられる程度であればいいのですが、時には生活に支障をきたしてしまう事もあり、そうなると問題となります。

抗うつ剤は、脳内のモノアミンと呼ばれる物質を増やすことが主な働きです。
続きを読む アモキサンで眠気が生じるのはなぜ?

アモキサン 他の抗うつ剤との離脱症状の比較

離脱症状は主にSSRI、SNRIに多く認められ、三環系抗うつ剤でも認められます。
その他の抗うつ剤ではあまり認められません。

出現する頻度は薬剤によって差がありますが、
軽度なものも含めると、 約20%の頻度で生じると言われています。
続きを読む アモキサン 他の抗うつ剤との離脱症状の比較

アモキサンの離脱症状とは?

抗うつ剤を急に減量したり中止すると、耳鳴り、しびれ、めまいやふらつきなどが起こることがあります。
これは薬の血中濃度が急激に下がるために起こる症状で「離脱症状」と呼ばれています。

抗うつ剤はすべて離脱症状を起こす可能性がありますが、起こしやすさは薬によって違います。
続きを読む アモキサンの離脱症状とは?

アモキサンの副作用 -アモキサンに特徴的なもの-

アモキサンは1981年に発売された抗うつ剤で、三環系抗うつ薬という種類に属します。

三環系は「効果も強いけど副作用も強い」ため、現在では最初から使われることは少なく、難治性で治りにくい場合などに検討されます。
続きを読む アモキサンの副作用 -アモキサンに特徴的なもの-

アモキサン 本当に抗うつ剤の副作用で太ったのか?

「抗うつ剤で太る」ということは、最近では多くの患者が理解するようになってきました。

そのためか、太ってきたらすぐに「くすりのせい」と決めつけてしまうケースもしばしば見られます。
続きを読む アモキサン 本当に抗うつ剤の副作用で太ったのか?

アモキサンで太るのはなぜ?

抗うつ剤には「太る」という副作用があり、これに困る患者さんは多いように感じます。

中には、太るのがイヤで抗うつ剤の内服を止めてしまう方もいます。体重を気にされている方には大きな問題ですよね。

アモキサンも抗うつ剤であり、太る副作用が出る可能性があります。
続きを読む アモキサンで太るのはなぜ?