アスペルガー症候群の方と一緒に仕事をする方が気を付けたい事

アスペルガー症候群の方が職場にいる場合、同僚の方がちょっと工夫をしてくれるだけで、当人はとても働きやすくなります。
そうすれば、トラブルも減るため周囲の方にとっても良い方向となります。

アスペルガー症候群の方が職場にいる場合に、周囲が気を付けたいポイントについて紹介します。
続きを読む アスペルガー症候群の方と一緒に仕事をする方が気を付けたい事

アスペルガー症候群の方が仕事で気を付けるポイント

アスペルガー症候群の方の仕事における特徴をみてきました。

それを踏まえて、仕事をする際にアスペルガー症候群の方が気を付けるべきポイントを考えてみましょう。

もちろん仕事ですから、全て自分の希望通りになるという事はないかもしれませんが、改善できそうなところだけでも工夫してみる価値はあります。
続きを読む アスペルガー症候群の方が仕事で気を付けるポイント

アスペルガー症候群の方が持つ仕事に役立つ良い特徴

アスペルガー症候群の方が仕事をするに当たっては確かに不利なこともあります。
しかしその反対に「アスペルガーの特性があるからこそ活躍できる」こともあるのです。

実際、著名人や偉人の中にはアスペルガー症候群だったのではと言われている人間が少なくありません。
アスペルガー症候群の方は、普通の人にはない高い能力を持っているという事でもあるのです。
続きを読む アスペルガー症候群の方が持つ仕事に役立つ良い特徴

アスペルガー症候群の方が仕事で陥りやすい問題

アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム障害(発達障害)に属する概念です。その代表的な症状としては、

コミュニケーションがうまく行えない
自己流のやり方にこだわってしまう
不器用なことが多い

などがあります。アスペルガー症候群の方は特に対人関係でトラブルとなってしまう事が多く認められます。
特に大人においては「仕事」は対人関係を介して行われることが多いため、当人が悩んでしまうケースは少なくありません。

アスペルガー症候群を持っているから仕事が出来ないというわけではありません。
アスペルガー症候群の方は知能低下は認められないため、工夫すれば仕事にうまく適応することは十分に可能です
。大切な事は自分の特性をしっかりと認識し、周囲にも協力してもらえる事は協力してもらう事です。

今日はアスペルガー症候群の方が仕事をする際に注意すべきポイントについて考えてみましょう。
続きを読む アスペルガー症候群の方が仕事で陥りやすい問題

アスペルガー症候群は男児に多いという事実

アスペルガー症候群をはじめとした自閉症スペクトラム障害は、男児に圧倒的に多いことが知られています。具体的な男女比は、

男性:女性=4:1

と言われています。

男女差があるという事は、これも自閉症スペクトラム障害に遺伝性があるという事を疑う1つの根拠になります。
続きを読む アスペルガー症候群は男児に多いという事実

アスペルガー症候群は遺伝するのか?

アスペルガー症候群は、主に対人コミュニケーションの障害や強いこだわりが問題となり、病院を受診します。

先天性(生まれつき)のものであるため、小児期に疑われた場合は親とともに来院されることが多いのですが、
その際に「これは遺伝なのですか?」と両親から質問されることが多くあります。

アスペルガー症候群をはじめとする自閉症スペクトラム障害は、
先天性という事もあり、「遺伝した」と考えられやすい傾向にあります。
すると親は「私のせいで発症してしまった」と自責に駆られてしまうようです。
また、「子どもがアスペルガー症候群という事は、私もそうなのではないか」と心配される親御さんもいらっしゃいます。
続きを読む アスペルガー症候群は遺伝するのか?

アスペルガー症候群 自閉症スペクトラム障害で報告されている原因

アスペルガー症候群をはじめとした自閉症スペクトラム障害の原因として、様々な報告があります。

全てを紹介することはできませんが、代表的な原因と思われている仮説について紹介します。

なお、これらはあくまでも仮説に過ぎず、アスペルガー症候群の原因として明確に特定されているものではありません。
続きを読む アスペルガー症候群 自閉症スペクトラム障害で報告されている原因

アスペルガー症候群はなぜ生じるのか 明らかな原因は特定されていない

アスペルガー症候群とは、自閉症スペクトラム障害(発達障害)に属する概念の一つです。

アスペルガー症候群は、知能低下は伴わないけども、コミュニケーションやこだわりにかたよりを認めます。
知能が正常であるがために、一見何の問題もなく見えてしまうのですが、
対人関係をうまく構築できないことも多く、本人は非常に苦しい思いをしています。

アスペルガー症候群は先天性(生まれつき)に生じるものですが、その原因というのは分かっているのでしょうか。
続きを読む アスペルガー症候群はなぜ生じるのか 明らかな原因は特定されていない

アスペルガー症候群の位置づけ

アスペルガー症候群は、「自閉症スペクトラム障害」に属する疾患になります。

しかしこの辺りの疾患名は様々な名称があり非常に分かりにくくなっています。
これは自閉症スペクトラム障害に様々なタイプがある事に加えて、時代とともに研究が進み、それに伴って呼び名も次々と変わってきているからです。

ザッと挙げるだけでも、

・発達障害
・広汎性発達障害
・自閉症
・アスペルガー症候群(アスペルガー障害)

など様々な呼び名があります。これらの概念がまだしっかりと統一されていない事も、これらの障害が誤解を受けやすい一因でしょう。

ではこれらはそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。
続きを読む アスペルガー症候群の位置づけ

アスペルガー症候群は何が問題なのか

アスペルガー症候群とはじめとする自閉症性スペクトラム障害は、主に社会(集団生活)における対人関係において支障を来たし、
本人はそのことで大きく苦しみます。

例えば、

・友人関係がうまく作れず、孤立してしまう

・仕事でチームワークがうまく取れない

・悪意は全くないのに、人を怒らせてしまう

などが挙げられます。
続きを読む アスペルガー症候群は何が問題なのか

アスペルガー症候群の3つの特徴

アスペルガー症候群の根本となる症状は「社会性の低下」です。

社会性とは、社会(集団)の中で生きていくに当たって必要な能力の事で、

人と適切なコミュニケーションが取れる
場の空気を読んで適切に行動できる
相手の立場になって考えることができる

といった能力を指します。

アスペルガー症候群の症状について考える時、よく言われるのか「三つ組みの障害」と呼ばれるものです。
いずれも社会性の低下につながる症状ではあるのですが、ここでは三つ組みの障害について紹介させて頂きます。
続きを読む アスペルガー症候群の3つの特徴

アスペルガー症候群とは

近年、「アスペルガー症候群」という概念が注目されるようになってきています。
ネットでアスペルガー症候群を調べ、「自分もアスペルガー症候群ではないか」と心配されて精神科を訪れる方も以前よりも多くなっている印象を受けます。

アスペルガー症候群は
続きを読む アスペルガー症候群とは

オーバードーズを防ぐ5つの工夫

オーバードーズをしてしまう背景には自分では制御できないつらい気持ちがあります。

患者のほとんどは、お薬を医師から処方してもらう時には「オーバードーズしてやろう」といった意図を持っているわけではありません。
病気の治療として受け取った薬ですが、治療中に耐えられないほどにつらい事があった時、
続きを読む オーバードーズを防ぐ5つの工夫

オーバードーズが行われるのは何故か?

オーバードーズをしてしまう背景は人によってそれぞれですが、精神科領域で圧倒的に多いのは、

「現実を忘れたい」
「楽になりたい」
「死にたい」

といったものです。

精神的に不安定で冷静ではいられない時に、このような気持ちに押しつぶされてしまうと、オーバードーズという行為に走ってしまうことがあります。
続きを読む オーバードーズが行われるのは何故か?

オーバードーズ(OD)とは何か?

オーバードーズ(OD:Over Dose)は「過量服薬」とも呼ばれ、医師から指示された用量以上に薬を服用してしまうことを指します。

精神科領域では「死にたい」「楽になりたい」という気持ちから、オーバードーズが行われることがあります。

たくさんの量のお薬を一気に飲むオーバードーズは身体への害も大きく、決してやってはいけないことです。
続きを読む オーバードーズ(OD)とは何か?