過食症の診断基準とは

過食症は、太ることへの恐怖から食事制限をするものの、食欲が制御できずに「極端な食事制限⇔過食」を繰り返す疾患です。

患者さんは過食した事を後悔するため、食べたものを吐こうとしたり下剤を乱用したりといった「代償行為」を行います。
また過食してしまった自分を責める事で自己評価がどんどん低下していきます。

過食症はただ食べ物を食べすぎてしまうだけの疾患ではありません。
このような状況が続く事で、心身が傷つき続け、最悪の場合は命に関わる事もある疾患なのです。
続きを読む 過食症の診断基準とは

過食症の精神症状

過食症の方に認める身体症状についてみてきました。

次は過食症で生じる精神症状をみていきましょう。

Ⅰ.うつ状態・不安

過食行為というのは、「ダイエットの失敗」になります。

過食症の方は過食したいわけではなく、むしろ「痩せたい」と強く考えています。そのため、過食後には強い後悔と自責感に襲われます。
続きを読む 過食症の精神症状

過食症の症状(根底にあるもの)

ここからは前項で紹介した過食症の症状を1つずつ詳しく見ていきましょう。

過食症では表面的には過食が認められますが、患者さんはむしろ「太りたくない」と強く考えています。

「太りたくない」という気持ちからダイエットなどを行うのですが、食欲のコントロールが出来ずに過食に至ってしまうのです。

太る事に対する異常な恐怖と、食欲の制御不能はなぜ生じるのでしょうか。それは過食症の方には次のような考えが根底にあるからだと考えられています。
続きを読む 過食症の症状(根底にあるもの)

過食症の症状の特徴

過食症では様々な症状が認められます。

ただ過食をするだけでなく食べたものを吐いたり、反対に絶食をしたりします。更に落ち込みや不安、自傷などの症状が出現する事もあります。

「過食症」という名称から、過食が過食症の主症状であるかのように感じられますが、実は過食は過食症の表面的な症状に過ぎません。

食欲の衝動が抑えられず過食してしまう根底にはどのような考えがあるのかをいうところまで理解できると
、なぜ過食症でこれらの症状が現れるのかという事が分かります。また、それに伴い治療への正しい道筋が見えてきます。

この根底にある考えというのは、実は患者さん本人も気付いていない事があります。
過食症で悩んでいる方は過食症状だけでなく、それを作り上げている自分の考え方について深く見直してみましょう。

過食症は、その名の通り「過食(食事を食べ過ぎてしまう)」が症状として認められます。

しかし間違えてはいけないのは、この「過食」という症状はあくまでも過食症の表面的な症状に過ぎません。

過食症の症状について知ろうとする時は、表面的な「過食」だけをみるのではなく、
「どのような考えから過食が出てしまっているのか」という根底にある考えを見落とさないことが大切です。
これは患者さん自身も気付いていない事が多いようです。

表面的な過食症状だけを見て治療をしようとすると、まず上手くいきません。症状の根底にあるものをしっかりと見極める事は非常に大切なのです。

では過食症の方の根底にある考えというのは、どのようなものでしょうか。

過食症に限らず「摂食障害」の方の根底にあるのは、

肥満恐怖(肥満への過度な恐怖)
自己の身体像(ボディイメージ)の歪み(一般的に見れば痩せていても、太っていると錯覚してしまう)
自己評価の低下(自分は痩せないと価値がないと考えてしまう)

という考えだと考えられています。

このような考えが形成されてしまうと、極端なダイエットを行うことで自分の価値を保とうとします。
この極端なダイエットを達成できてしまうと拒食症となりますが、ダイエットの反動から過食衝動が生じてしまう事もあり、
このようなケースは過食症となります。

また過食症の方は、ストレス解消の方法として過食を行いやすいという側面もあります。過食でストレス解消をしようとするのです。

しかし過食はストレス解消法としては適していません。
何故ならば過食している一瞬だけはストレス解消になりますが、
過食後は強い後悔と自己嫌悪に陥るため、総合的に考えればむしろストレスを溜め込むことになってしまうからです。

過食というあやまったストレス解消法を身に付けてしまうと、過食によってストレスがたまり更に過食がひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。

なぜ過食症の方は、過食でストレス解消をしようとしてしまうのでしょうか。
過食症の方は「感情不耐性」を認める事が多いと考えられています。
感情不耐性とは何かの強い感情(大抵はネガティブな感情)が生じた時、それを耐える事が出来ずに衝動的な行動を取ってしまう事です。
続きを読む 過食症の症状の特徴

過食症の原因

過食症は、どのような原因で発症してしまうのでしょうか。

過食症は身体に何らかの異常があって食べ物を食べれないわけではなく、その原因は「精神(こころ)」にあります。

太る事への過剰な恐怖から食欲をコントロールできなくなってしまい、過食が生じます。
更にその反動で嘔吐や下剤乱用・絶食・過剰な運動をしたりを繰り返すのが過食症です。

なぜ太ることへの恐怖が過剰になってしまうのでしょうか。またなぜ食欲をコントロールできなくなってしまうのでしょうか。

その原因は1つではなく、複数の原因が重なった結果として発症すると考えられています。
原因は患者によって異なりますが、代表的なものを紹介させていただきます。
続きを読む 過食症の原因

拒食症 命の危険がある時は入院などの治療も検討しましょう

拒食症の方に強制的に治療が行われることがあります。

それは、あまりに体重が低くなりすぎて命の危険がある時です。
この場合は、本人が納得していなくてもやむを得ず栄養を取っていただくことがあります。
これはそうしないと、本人の将来に大きなデメリットがあるという時
(例えばこのまま放置したら死んでしまう可能性が高い、など)にのみ選択される治療法です。
続きを読む 拒食症 命の危険がある時は入院などの治療も検討しましょう

拒食症の方に食事を食べてもらう工夫

拒食症の方がなぜ食事を食べられないのかをお話ししました。

通常の人であれば、(食事を食べる大切さ)と(食べることで太ってしまう恐怖)というのはバランスが取れた状態になっています。
そのため、若い女性であっても、太ってしまう恐怖はありつつも、適度な食事量を摂取できているわけです。

しかし拒食症の方では

(食事を食べる大切さ)<<<(食べることで太ってしまう恐怖)

となってしまっているわけです。

という事は、拒食症の方が食事を取れるようにするための方法は2つしかありません。
続きを読む 拒食症の方に食事を食べてもらう工夫

拒食症 なぜ食事を食べないのか

拒食症では食事の量が極端に減ってしまうため、それによって心身に様々な問題が生じるようになります。

問題は十分な食事を取れない事で生じているため、治療の目標は「食事を食べれるようになること」になります。

こう書くと簡単な事のように聞こえるかもしれません。
しかし、これは決して簡単なことではありません。
拒食症の方は太ることに対して非常に強い恐怖を持っているため、
「もっと食べた方がいいよ」といくら説得されても、それを簡単に受け入れることは出来ません。
続きを読む 拒食症 なぜ食事を食べないのか

拒食症 このような症状があったら受診を考えよう

拒食症(神経性無食欲症)の診断基準について紹介しました。

では、具体的にどのような状態であれば病院受診を検討した方が良いのでしょうか。

上記の診断基準に当てはまると感じるのであれば、早めに受診していただきたいのですが、受診する1つの目安として、

精神的な理由によってBMIが適正外に低くなっていて
それで本人が困っている
あるいは本人が困っていなくても周囲から見て、このままだと今後本人に大きな不利益があると考えられる
続きを読む 拒食症 このような症状があったら受診を考えよう

拒食症の診断基準の説明

では診断基準の内容をもう少しかみ砕いて紹介していきましょう。

Ⅰ.低体重

A.必要量と比べてカロリー摂取を制限し、年齢、性別、成長曲線、身体的健康状態に対する有意に低い体重に至る。
有意に低い体重とは、正常の下限を下回る体重で、子供または青年の場合は、期待される最低体重を下回ると定義される。

拒食症では、太ることへの過剰な恐怖から食事の量が極端に減ります。
その結果、健康を保つために最低限必要だと考えられる体重をも下回ってしまいます。

では拒食症が疑われる体重というのは、どれくらいの体重を指すのでしょうか。
続きを読む 拒食症の診断基準の説明

拒食症の診断基準とは

拒食症は、太ることへの恐怖から食事の量が極端に減ってしまう疾患です。
極端に食事量が減れば、健康を維持することが出来なくなり、心身に様々な支障を来たすようになります。

拒食症は出来る限り早くに正しく診断を受け、適切な治療を始めることが大切です。
発症から受診までの日が長いほど治りが悪くなることが指摘されており、
早めに受診するという行動は、それ自体が拒食症の治療経過を良くする行動の1つになります。

ではどんな症状が認められたら拒食症の可能性があり、受診を検討した方が良いのでしょうか。
続きを読む 拒食症の診断基準とは

拒食症の症状(急性期,慢性期)

拒食症の方に認める症状は、どれも体重を落とすために行われています。「食べる量が減る」という症状も体重を落とすための方法の1つなのです。

食事量の低下以外も、根本にある「太るのが怖い」「私はまだ太っている」というとらわれから、次のような行動を繰り返してしまうことがあります。
続きを読む 拒食症の症状(急性期,慢性期)

拒食症の症状(根本にあるもの)

拒食症では、「食事量が少ない」という症状が続きます。

しかし食事量が少なくなったらそれだけで拒食症だというわけではありません。
いわゆる「ダイエット」も食事量が減りますがダイエットをすることは別に病気ではありません。

拒食症の方の食事量というのは、健常な日常生活を送っていく上で最低限必要な栄養摂取を下回っている状態になります。

具体的には、

正常の下限を下回る体重で、子供または青年の場合は、期待される最低体重を下回る

と診断基準の1つであるDSM-5では定義されています。

なぜこのような食事量の低下という症状が現れるのかというと、背景には次のような認識のゆがみが認められます。
続きを読む 拒食症の症状(根本にあるもの)