パニック障害 妊娠中にパニック障害を悪化させないための工夫

妊娠中はパニック障害が悪化することもあれば、軽快することもあります。

しかし全体的に見れば、ホルモンバランスの変化や環境変化などにより悪化することの方が多いように感じます。

妊娠というのは、新しい命を授かるという嬉しいイベントなのですから、パニック障害にかかっている中でもなるべく落ち着いて出産を迎えたいですよね。

妊娠中のパニック障害を悪化させずに出産を迎えるために注意すべきことを紹介します。
続きを読む パニック障害 妊娠中にパニック障害を悪化させないための工夫

パニック障害 妊娠中のパニック障害の薬

妊娠中は、お薬を服薬することに心配になる方は多いでしょう。
薬ってあまり身体に良いものではなさそうですし、特に赤ちゃんへの影響を考えたら、当然の心配です。

しかし安易に薬を全部やめればいいというものでもありません。主治医とよく相談してお薬をどのくらい使うかは慎重に判断すべきです。

パニック障害の妊娠中におけるお薬の扱いについて紹介します。
続きを読む パニック障害 妊娠中のパニック障害の薬

パニック障害 妊娠中のパニック障害で気を付けたい事

パニック障害は若い女性の方にも多く発症します。

となると、「妊娠中」の発症というケースも十分に考えられます。

妊娠中は、お腹に赤ちゃんがいることや体内の女性ホルモンのバランスが崩れる事によって、通常の方でも気持ちが不安定になりがちです。

パニック障害を持っている場合、不安が更に悪化しやすいため、注意が必要です。
続きを読む パニック障害 妊娠中のパニック障害で気を付けたい事

パニック障害 仕事中にパニック障害を悪化させないために出来る工夫

どのような状況で安心を感じられるかは、職場にもよりますし、人それぞれで異なります。
そのため「こうすれば安心して仕事が出来る」というものは一概に言えるものではありません。
しかし、私はパニック障害を抱えながら仕事をしている方をたくさん診察していますが、
その中で感じる「安心できる職場環境」の共通点がありますので紹介させて頂きます。
続きを読む パニック障害 仕事中にパニック障害を悪化させないために出来る工夫

パニック障害の方が仕事をする際に注意すべきポイント

パニック障害は、突然パニック発作が生じてしまう疾患です。
パニック発作は不安や緊張が強い状況で生じやすいため、仕事をしている時に起こってしまうことも十分ありえます。

パニック障害にかかっていても毎日、仕事や学校に行っている方は少なくありません。
学校や仕事といった集団生活の場は不安や恐怖を感じやすい場所でもあります。
仕事や学校をパニック障害増悪の原因にしないために注意すべき事を紹介します。
続きを読む パニック障害の方が仕事をする際に注意すべきポイント

パニック障害 飛行機でパニック発作を起こさないための工夫

飛行機でパニック発作を起こさないために、何か具体的な工夫は考えられるでしょうか。

対処法を紹介します。

ただし、これらは主治医としっかりと相談し、主治医の指示のもとで行ってください。独断で行うと病状を悪化させてしまう事があります。
続きを読む パニック障害 飛行機でパニック発作を起こさないための工夫

パニック障害 飛行機でパニック発作を起こさないための考え方

パニック発作は、パニック障害が治っていけば自然となくなっていきます。
そのため、パニック発作を起こさないためには、パニック障害の治療をしっかりと行うことが何よりも重要です。

精神科を受診し、主治医に指示された治療をしっかりと行いましょう。また、処方されたくすりは用法通りにしっかりと飲みましょう。

しかしパニック障害を治すのにはある程度の時間がかかります。
パニック障害の治療中でも、どうしても仕事などで飛行機に乗らないといけないという状況もあるかもしれません。

この時、飛行機でなるべくパニック発作を起こさないようにするにはどのような考え方を持てばよいでしょうか。
続きを読む パニック障害 飛行機でパニック発作を起こさないための考え方

パニック障害と飛行機 飛行機内でパニック発作が起こりやすい理由

パニック障害は、パニック発作と呼ばれる自律神経症状(めまい、動悸、呼吸苦など)が突然起こる疾患です。
パニック発作で死ぬことはありませんが、急に生じる発作は大変な恐怖であり、
患者さんは発作への恐怖から落ち着いた日常生活を送れなくなってしまいます。

パニック発作には起こりやすい状況というものがあります。そのひとつに「飛行機」があります。
パニック障害にかかってから飛行機に乗れない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

旅行が趣味だったり楽しみだったりしていた方が、パニック障害で飛行機に乗れなくなってしまうというのはつらいものです。

なぜ飛行機の中ではパニック発作が起こりやすくなってしまうのでしょうか。
続きを読む パニック障害と飛行機 飛行機内でパニック発作が起こりやすい理由

パニック障害 歯医者でパニック発作を起こさないための工夫

現実的にはパニック障害の症状が残っている状態でも、歯科治療が必要な状況はあるでしょう。
この時、歯医者さんでなるべくパニック発作が起きないようにするにはどのような工夫が考えられるでしょうか。

よく用いられる対処法を紹介します。
続きを読む パニック障害 歯医者でパニック発作を起こさないための工夫

パニック障害 歯医者でパニック発作を起こさないための考え方

パニック発作が生じるのは、パニック障害がまだ治っていないことが原因です。
そのため、パニック発作を改善させるには、パニック障害の治療をしっかりと行うことが何よりも重要です。
病院を受診し、主治医に指示された治療をしっかりと行いましょう。また、処方されたくすりは用法通りにしっかりと飲みましょう。

しかしパニック障害の治療は時間がかかるのが通常です。
しかしパニック障害が完治するまで、歯医者に行けないのでは困ります。

パニック障害で療養中の間にやむを得ず歯医者さんに行かないといけない時、どのように考えればいいでしょうか。
続きを読む パニック障害 歯医者でパニック発作を起こさないための考え方

パニック障害と歯医者。 歯医者でパニック発作が起こる理由

パニック障害は、パニック発作と呼ばれる自律神経発作(めまい、動悸、呼吸苦など)が起こってしまう疾患です。
パニック発作が生じやすい状況のひとつに「歯医者」があります。
パニック障害にかかってから歯医者さんが怖くてなかなか行けないという方は少なくありません。

なぜ歯医者ではパニック発作が起こりやすくなってしまうのでしょうか。
続きを読む パニック障害と歯医者。 歯医者でパニック発作が起こる理由

電車でパニック発作を起こさないための対処法

パニック障害で療養中の方でも、やむを得ず電車に乗らないといけない事もあります。この時はどのような対処法があるでしょうか。

よく用いられる対処法を紹介します。

ただし、これらは主治医としっかりと相談した上で、主治医の指示のもとで行ってください。独断で行うと病状を悪化させてしまう事があります。
続きを読む 電車でパニック発作を起こさないための対処法

電車でパニック発作を起こさないための考え方

パニック発作が生じるのは、パニック障害を発症していることが原因です。
そのため、電車に限らずパニック発作を改善させるには、パニック障害の治療をしっかりと行うことが何よりも重要です。

病院を受診し、主治医に指示された治療をしっかりと行いましょう。
また、処方されたおくすりは用法通りにしっかりと飲みましょう。
続きを読む 電車でパニック発作を起こさないための考え方

パニック障害で治療中の方に気を付けて欲しい事

パニック障害は広場恐怖(閉鎖空間に対して強い恐怖を感じる)があったり、突然パニック発作が生じる恐怖があるため、
日常生活においてもいくつか注意が必要です。

日常で広場恐怖を感じやすい場所としては、

エレベーター
歯医者・美容室
会議室
飛行機・電車
映画館・ライブハウス

などがあります。不安が強い間はこのような場所にはなるべく近づかない方が賢明ですが、中にはどうしても近づかないといけない事もあるでしょう。
続きを読む パニック障害で治療中の方に気を付けて欲しい事

パニック障害 森田療法はどのようにして不安を軽減させるのか

森田療法が考える不安の悪循環についてみてきました。

不安が強い方というのは、生の欲望が強く、それによって理想を高く掲げすぎてしまい、不安が高まりやすくなってしまいます。
更に不安は「精神相互作用」という性質を持つため、生じた不安を消そうとすればするほど悪化していってしまうのです。

ではこのような不安の悪循環をどのように断ち切ればいいのでしょうか。
続きを読む パニック障害 森田療法はどのようにして不安を軽減させるのか