適応障害 環境が自分に合うように治療する

自分が環境側にすり寄るだけでなく、環境が自分側に近づいてくれるようにするという方法もあります。

例えば職場で適応障害になってしまった時、職場によっては自分の価値観を話す事で、一部受け入れてもらえることもあるかもしれません。
一部であっても価値観のズレが修正されれば、それだけでストレスは軽減します。
続きを読む 適応障害 環境が自分に合うように治療する

適応障害 適応できない環境に向き合う

ストレス環境から離れることで、心身が健常な状態に戻ってきたら次のステップに進みます。

このステップが本当の意味での「適応障害の治療」になり、
「適応できない環境」にどう向き合うのかを考えていきます。

適応できない環境に対する解決法というのは、実は2つしかありません。

自分がその環境に合わせる(自分が適応する)
環境が自分に合うようにする(環境を適応させる)

のどちらかです。
続きを読む 適応障害 適応できない環境に向き合う

適応障害を克服するための治療法

適応障害(Adjustment Disorders)は、ある環境への適応に失敗してしまうことで大きなストレスが生じ、様々な症状が出現してしまう疾患です。

適応障害の根本的な問題は、症状ではなく「適応できない事」にあります。
そのため表面的な症状を抑えるだけの治療に終始してしまうのは良い治療法とは言えません。

例えばうつ病の治療であれば、

「落ち込みを取る」

「意欲を改善させる」

といった症状に焦点を当てた治療が行われます。
しかし適応障害は同じようにはいきません。他の疾患とは異なった視点を持って治療を行う必要があるのです。
続きを読む 適応障害を克服するための治療法

適応障害は休職するだけでは不十分

適応障害は、「環境に適応できないこと」が発症の原因です。

そのため適応できなかった環境から離れれば、症状は改善していきます。
ストレスが除去されるわけですから当然ですよね。

通常、休職をすると数日、遅くても1?2週間もすれば症状の改善を実感できます。

しかし、適応障害ではただ休職するだけでは不十分です。
続きを読む 適応障害は休職するだけでは不十分

適応障害で休職が必要な理由

適応障害は、ある環境(ストレス因)に適応する事が出来ず、それによって様々な症状が出現してしまう疾患です。

適応障害は「ある環境」がストレスとなっているため、その環境から一旦離れた方が治療上好ましい場合があります。
この目的で「休職」が指示されることがあります。

休職は適応障害において重要な治療の1つです。
しかし他の疾患における休職と異なり、「ただ休職しただけ」では根本の解決にはなりません。
ただ休職しただけであれば、復職後に高い確率で再発してしまうでしょう。
続きを読む 適応障害で休職が必要な理由

適応障害はどのように治療するのか

適応障害に対して効く薬というのはありませんが、症状があまりにつらい場合は、お薬を用いることがあります。

適応障害における薬は、症状を抑える目的で使う対症療法的なものであり、適応障害の根本を治すものではありません。

適応障害で生じる症状は多岐に渡るため、その症状に応じた薬が適宜選択されます。

一例を挙げると、
続きを読む 適応障害はどのように治療するのか

基本的には適応障害に薬は使わない

適応障害の治療に、基本的には薬は用いません。

何故ならば、適応障害の本質は「ある環境に適応できないこと」にあり、特定の症状が問題となるわけではないからです。

お薬は基本的には症状を改善させるために用います。
「眠れない」という症状を改善させるために睡眠薬が用いられ、
「不安だ」という症状を改善させるために抗不安薬が用いられ、
「落ち込む」という症状に対して抗うつ剤が用いられます。

もし仮に適応障害に対するお薬があるのだとしたら、「この薬を飲めば、その環境に適応できますよ」というものでなければいけませんが、
そんなものはあるはずもありません。
続きを読む 基本的には適応障害に薬は使わない

適応障害のチェック項目を満たしてしまったら

適応障害を自分でチェックするために有効な3つのチェックポイントを紹介しました。

復習すると、

ある環境での価値観や常識が、自分のそれと全く合わず、今後も合わせていくことが難しそうだ
ある環境によるストレスで、自分にとって「つらい」と感じる症状が出ている
ある環境によるストレスで、生活に何らかの支障が生じている

この3つをすべて満たしている場合、適応障害である可能性は高くなります。

ではこの3つを満たしてしまった場合は、どうすればいいでしょうか。
続きを読む 適応障害のチェック項目を満たしてしまったら

適応障害をセルフチェックする意義

ある環境に適応すべく努力をしたにも関わらず、なかなかその環境に適応できない。そしてそのために毎日がとてもつらい。

このような状況は、誰にとっても他人事ではないでしょう。転校や引っ越し、就職、転勤、結婚、出産など、
大きな環境変化は誰でも経験する事ですし、環境変化によってこのような状況に陥る可能性は誰にでもあります。

しかしこのような環境変化で苦痛を感じていても、「自分は適応障害ではないか」と疑いすぐに精神科に相談できる人というのは多くはありません。

「この程度の事で病院など受診するのは大袈裟ではないか」
「みんな耐えているのだから自分も我慢しないと」

このように考えてしまう方は結構多いのです。
続きを読む 適応障害をセルフチェックする意義

適応障害 症状そのものよりも症状の経過が重要

適応障害とは、ある環境と自分の価値観のズレが大きいために、
その環境に適応しようと努力するも適応できず、様々な不調を来たしてしまう障害です。

適応障害は一般の方には、その概念が非常に分かりにくい疾患です。

その理由として、適応障害は症状ではなく、「適応できない事」が障害の根本であるためです。
一般的に疾患は、病気を診断するにあたって「症状」が重視されます。
しかし適応障害は症状ではなく「適応できない事」が重視されるため、特徴的な症状が乏しいのです。
続きを読む 適応障害 症状そのものよりも症状の経過が重要

適応障害で出現することが多い症状

適応障害は、診断に当たって症状が重要なのではなく、「適応できない結果生じている」という事が重要なのだとお話しました。

そのため、適応障害で出現する症状は多岐に渡ります。
適応できない環境で大きなストレスを受けて発症するのが適応障害ですから、
ストレスで生じえる症状は適応障害で全て生じる可能性があります。

しかしそうは言っても、臨床で比較的認めやすい症状というものはあります。

適応障害の患者さんが認めることの多い症状をいくつか紹介します。
続きを読む 適応障害で出現することが多い症状

適応障害ではどのような症状を生じるのか

適応障害とは、ある環境と自分の価値観のズレが大きいために、
その環境に適応しようと努力するも適応できず、様々な不調を来たしてしまう障害です。

適応障害は一般の方には、その概念が非常に分かりにくい疾患です。

その理由として、適応障害は症状ではなく、「適応できない事」が障害の根本であるためです。
一般的に疾患は、病気を診断するにあたって「症状」が重視されます。
しかし適応障害は症状ではなく「適応できない事」が重視されるため、特徴的な症状が乏しいのです。
続きを読む 適応障害ではどのような症状を生じるのか

適応障害は甘えなのか?

適応障害はしばしば「それってただの甘えだよね」と誤解されてしまう事があります。

誰だって新しい環境に置かれれば多少のストレスや違和感を感じます。
新しい環境に慣れていく努力もせずにに、
ちょっとでも自分の価値観と合わないから「適応障害」だと病気にするのはおかしいだろう、
というわけです。

この言い分自体は十分理解できるものですが、これは適応障害の概念を誤解してしまっています。
続きを読む 適応障害は甘えなのか?

うつ病と適応障害は違うのか?

精神疾患の1つに「適応障害」という疾患があります。

適応障害は精神科診察の中でも、診ることの多い疾患の1つで、有病率は報告によって差はあるものの5~20%ほどとも言われています。

この有病率の高さからも分かる通り、適応障害は誰でもかかる可能性のある疾患です。
しかし、適応障害はその概念のあいまいさなどもあり、どのような病気なのかが正しく理解されていません。

中にはあやまった認識から適応障害を「ただの甘えだ」と誤解している方も多くいらっしゃいます。

では適応障害とはどのような疾患なのでしょうか。
続きを読む うつ病と適応障害は違うのか?

適応障害とはどのような疾患なのか?

適応障害(Adjustment Disorder)とは、その名前の通り、ある環境に対して「適応」することが出来ないために、
ストレスによって様々な症状(身体症状や精神症状)を来たしてしまう「障害」です。

症状は多岐に渡り、適応障害と診断するために特徴的な症状というものはありません。頻度の多い症状としては、
続きを読む 適応障害とはどのような疾患なのか?