自分に抗うつ剤が必要なのか疑問に感じる場合

うつ病の症状は様々であり、同じうつ病でも症状は患者によって大きく異なります。
そのため、教科書的にキレイに判断できないような事も多々あり、
専門家であっても抗うつ剤を使うべきかの判断に迷ってしまうケースはあります。

例えば、明らかに重症のうつ病である場合は、抗うつ剤を使うべきかについて大きく悩むことはあまりないでしょう。

一般的な「抗うつ剤と安易に使うべきでないケース」であっても、
患者個々の事情により、抗うつ剤が検討されるケースはあり、

一概に

「この症例に抗うつ剤を使うのは正しい」
「この症例に抗うつ剤を使うのは間違っている」

と言えるものではないのです。
続きを読む 自分に抗うつ剤が必要なのか疑問に感じる場合

抗うつ剤を使うべきなのは?

1.重症うつ病

抗うつ剤は軽症例においてはプラセボ(偽薬)と治療成績に差がないという報告もあります。

しかし逆に重症うつ病においては、抗うつ剤とプラセボは抗うつ剤の方が有意に治療成績が良くなります。
ここから、重症のうつ病に対しては抗うつ剤はある程度積極的に用いるべきだと言えます。

ちなみに重症の定義も明確には定まっていないのですが、おおむねの感覚としては、

「うつ病の症状があり、日常生活に大きな支障をきたしている状態」

と考えていただくと良いと思います。

具体的には、うつ症状によってほとんど仕事に行けない、
全く動けない、生活に必要な活動がほとんど出来ない、などが該当します。
2.メランコリー親和型によるうつ病

メランコリー親和型うつ病の方に、抗うつ剤が比較的よく効く事は昔から経験的に知られていました。
メランコリー親和うつ病は「内因性うつ病」とも呼ばれ、メランコリー親和型性格を持つ方が発症するうつ病の事です。

【メランコリー親和型性格】

・ルールや秩序を守る、几帳面
・自分に厳しく、完璧主義、責任感が強い
・他者に対しては律儀で誠実。衝突や摩擦を避ける

などの「秩序志向性」を持つ性格傾向。

もちろんメランコリー親和型であっても軽症であった場合などでは、まずは薬以外の治療も検討すべきです。
しかしメランコリー親和型は比較的薬が効きやすいことを考えると、
他のタイプのうつ病と比べればより積極的に薬を導入しても良いのではないかと思われます。

ちなみに、メランコリー親和型とそれ以外のうつ病で抗うつ剤の効きに差はない、という報告もありますので、
この意見には批判的な専門家もいると思います。

しかしうつ病の症状は様々であり、同じうつ病でも症状はによって大きく異なります。
そのため、教科書的にキレイに判断できないような事も多々あり、
専門家であっても抗うつ剤を使うべきかの判断に迷ってしまうケースはあります。

例えば、明らかに重症のうつ病である場合は、抗うつ剤を使うべきかについて大きく悩むことはあまりないでしょう。

しかし臨床をしていて、判断に迷うケースの1つに、

「一般的には抗うつ剤の適応にならないけども、その他の治療が導入できない時」

があります。

例えば軽症うつ病の患者は、一般的には安易に抗うつ剤から始めるべきではなく、
まずは精神療法(カウンセリングなど)や環境調整から始めましょうと言われています。

もちろんこれは正論でしょう。

しかし、

「カウンセリングは費用面・時間面から受けることができない」
「カウンセリングで認知の修正をしようとしても、なかなか日常で実践できない」
「睡眠をしっかりとるという生活指導がなかなか実行できない」

というような場合が、臨床では少なからずあります。

薬以外の治療が望ましいのだけど、その薬以外の治療がなかなか導入できない、
あるいは患者さんに実践する余裕がないような場合です。

この場合、薬を使わずに経過を見ていても改善はなかなか得られないでしょう。
それでも「この患者は抗うつ剤の適応ではないから」とかたくなに抗うつ剤の服薬を避けることは本当に正しいのでしょうか。

こういった場合、

「本当は抗うつ剤はあまり推奨されないけど、やむを得ない」

と考えて抗うつ剤を処方する先生も多いと思います。

これはある程度仕方のないことでしょう。

「本当は抗うつ剤を使わないで治すのが一番いいのだけど、カウンセリングはお金の面で受けられないということですし、
なかなか生活習慣の改善も行えない日が続いてますので、抗うつ剤を使ってみるのはどうでしょうか」

と患者に抗うつ剤を処方する理由をしっかりと説明した上で処方を検討することは、現実的には十分検討される選択肢になります。

一般的な「抗うつ剤と安易に使うべきでないケース」であっても、患者個々の事情により、抗うつ剤が検討されるケースはあり、

一概に

「この症例に抗うつ剤を使うのは正しい」
「この症例に抗うつ剤を使うのは間違っている」

と言えるものではないのです。

抗うつ剤が必要なのか最終的な判断は主治医による

精神科を受診し、主治医から抗うつ剤の服薬を指示された時、

「今の自分に本当に抗うつ剤が必要なのだろうか」
「先生は薬と言うけれど、他の治療法ではダメなのだろうか」

このように疑問を感じる方は少なくないようです。
実際、このような疑問から転院をしたりセカンドオピニオンを受けたりする患者もいらっしゃいます。

精神疾患は症状が目に見えないため、治療を行う根拠を明確にしにくいところがあるのです。

もちろん精神科医は精神科的な診察所見から治療方針を慎重に決定しています。
続きを読む 抗うつ剤が必要なのか最終的な判断は主治医による

血液検査でうつ病が分かるという事

PEAは現在、まだ一部の医療機関でしか行われていない検査です。
しかし今後PEAについての研究が進んでいけば、近い将来は実臨床で普通に行われる検査になるかもしれません。

今までの精神科の診断方法というのは、診察所見から行わざるを得なかったため
「あいまいさ」
「ばらつき」
がどうしても出てしまう方法でした。
しかしそれが、「検査」という明確化できる方法で診断が行えるようになることはとても意義のあることです。
続きを読む 血液検査でうつ病が分かるという事

うつ病でPEAを測定する方法

PEAは血液検査で測定できます。
内科や健康診断などで行われる一般的な採血と同じ方法ですので、患者にそこまで特別な負担がかかる検査ではありません。

一般的な採血と同様に、

前日の飲酒は控えること
空腹時に採血をすること

が推奨されています。

ただしPEAは一般の検査会社では測定できないため、専用の検査会社(HMT株式会社様)に送り、そこで測定を行います。
続きを読む うつ病でPEAを測定する方法

血液検査でうつ病が分かる!?

うつ病などの「こころの病気」はしばしば誤解や偏見を受けてしまうことがあります。
うつ病は「気持ちの問題」ではなく「病気」なのは間違いのない事実ですが、
目に見える部位に異常が生じないため、どうしても周囲から理解されにくい面があるのです。
うつ病を周囲に正しく理解してもらえず、その苦しみが原因で更にうつ病が悪化してしまう事もあります。

一般的な疾患、例えば胃潰瘍だとか肺炎だとか骨折などは、
血液検査や画像検査といった「目に見える」異常所見が得られるため、
それが病気であると理解しやすいところがあります。
うつ病は血液検査や画像検査では診断することができません。
続きを読む 血液検査でうつ病が分かる!?

フェラグートの皺(しわ)があったらどうする?

フェラグートのしわは、専門家でないと判断できないような所見ではありません。
この所見は精神科を受診しなくても自分自身で気付くことができる所見だからです。
鏡で自分の顔を見れば、自分自身で気付けます。

こころの健康を保つためには、自分自身で自分の精神状態を把握できることが非常に大切です。
それを知るための1つの手がかりになるフェラグートのしわは、現在においても知っておいて損のないものだと思っています。

フェラグートのしわがあったからといって即座に「自分はうつ病なんだ」とまで考える必要はもちろんありません。
しかし、どのようなことに気を付ければ良いでしょうか。
続きを読む フェラグートの皺(しわ)があったらどうする?

うつ病患者と「フェラグートの皺(しわ)」

精神疾患に対する診断基準や検査などがほとんななかった昔は、「診察所見」のみが診断の唯一の手掛かりでした。
その頃の精神科医は患者の表情・態度・言動といった小さな所見も見逃さず、
「うつ病の患者は〇〇といった所見が認められることが多い」と様々な記録を残しています。
昔の精神科医がうつ病患者を診断する時、所見の1つとして見ていたものに
「フェラグートの皺(しわ)」と言うものがあります。

現在ではほぼ聞く事のなくなってしまった用語ですが、
これは一体どういった所見なのでしょうか。
続きを読む うつ病患者と「フェラグートの皺(しわ)」

認知行動療法に取り組む方法

認知行動療法が優れた治療法なのは間違いありません。
しっかりと受ければ、薬と同等の効果が期待でき、更に薬のような副作用は生じない。
薬と異なり、受け終わった後に再発予防効果が続くのも大きなメリットです。

しかし、実情としては、
続きを読む 認知行動療法に取り組む方法

認知行動療法(CBT)とは

精神療法は、精神疾患の治療において薬物療法と並んで重要な治療法の1つになります。

薬物療法にかたよりすぎていると批判されることの多い現在の精神科治療で、精神療法は改めて注目されています。
精神療法は、薬という「異物」を体内に入れて人工的に治療するのではなく、
その人の内面にはたらきかけることで根本的な治療となる方法です。

特にうつ病や不安障害圏の方に用いられる代表的な精神療法である
「認知行動療法」というのはどのような治療なのでしょうか。
続きを読む 認知行動療法(CBT)とは

ケタミンはなぜうつ病に効くのか

2000年頃から「麻酔薬のケタミンに強力な抗うつ作用があるようだ」という報告され、
近年大きく注目されるようになってきました。
ケタミンの抗うつ効果の作用機序を解明し、ケタミンを安全にうつ病治療に利用できるようになれば、
うつ病治療を劇的に進化させてくれる可能性があります。
麻酔薬であるケタミンがうつ病に効くのはなぜでしょうか。
続きを読む ケタミンはなぜうつ病に効くのか

うつ病の治療には「抗うつ剤」が用いられます

2000年頃から「麻酔薬のケタミンに強力な抗うつ作用があるようだ」という報告され、
近年大きく注目されるようになってきました。

ケタミンは動物麻酔に用いる薬としても向いている薬なのです。
ケタミンはNMDA受容体拮抗薬と呼ばれており、1970年より主に手術時の全身麻酔薬として発売された薬です。
商品名は「ケタラール」で静脈麻酔薬として販売されています。
静脈麻酔薬は主に手術などで全身麻酔をする際の「導入」に使われます。
ケタミンで全身麻酔の導入をし、その後は吸入麻酔薬に切り替えることもありますし、
補助的にケタミンによる静脈麻酔を続けることもあります。
続きを読む うつ病の治療には「抗うつ剤」が用いられます